0

rails の migration で、今ある nullable なカラムを not null にするときには、このように変更するかと思います。

def change
  change_column :table_name, :column_name, :column_type, null: false
end

このような変更は、 reversible ではないようで、 db:rollback を実行すると、 IrreversibleMigration が発生してエラーになります。

これを、 reversible な migration を行うような方法はないでしょうか。

0

updown を定義するのが良いと思います。

def up
  change_column :table_name, :column_name, :column_type, null: false
end

def down
  change_column :table_name, :column_name, :column_type, null: true
end

(参考)

0

reversible な change_column は、少なくとも default や null 制約については存在するようです。

それぞれ、以下のメソッドたちで実現され、

  • change_column_null
  • change_column_default (の、 fromto オプション)

掲題の例で言えば、

def change
  change_column_null :table_name, :column_name, false, value_for_already_null_record_column
end

参考:

https://stackoverflow.com/a/25211732/3090068

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする