-1

開発環境
a.対象OS
Windows 10
b.開発エディタ
spyder 3.2.8
c.開発言語
python 3.6.5
d.質問対象モジュール
os os.path

質問の内容
osモジュールでディレクトリとファイルを自在に操りたいのですが、値だけをとることができるのか、それとも、現在のファイルの指定地が本当に移ってしまうのか、わかりません。今までゴリ押し突破で、一貫した理解のないまま突き進んできました。

os.path.join(directory,target_directory_or_file) # つなげるだけ?つなげた後のファイルへと移る?ファイルは重複していてもいい?
os.chdir(directory)                              # そのディレクトリへ移る。
os.mkdir(directory)                              # 作った後にいく?作るだけ?
os.getcwd()                                      # 現在のカレントディレクトリを返す。返すだけ?
os.remove(file)                                  # 消すだけ。移動はないと思われる。
os.path.exists()                                 # きっと移らない。存在確認だけ。
                                                 # ほかにもありますか・・・。

実行不可能な最小限度のコード

import os
import sys
from PySide import QtCore
from PySide import QtGui

class OsOperator(QtGui.QMainWindow):
    def __init__(self,parent=None):
        super(OsOperator,self).__init__(parent=None)

        self.menu = QtGui.QMenu("file")
        self.menu_act = QtGui.QAction("open",self.menu)
        self.menu.addAction(self.menu_act)
        self.menubar = QtGui.QMenuBar()
        self.menubar.addMenu(self.menu)
        self.setMenuBar(self.menubar)
        self.connect(self.menu_act,QtCore.SIGNAL("triggered(bool)"),self.open_file)

    def open_file(self):
        directory = os.getcwd()

        get_filename = QtGui.QFileDialog().getSaveFileName(self,"名前をつけてファイルを保存",directory,"*.txt","*.txt")[0] 
        #linux diretory type into windows directory type
        get_filename = QtCore.QDir().toNativeSeparators(get_filename)

        if os.path.exists(os.path.join(get_filename,"mkdir_file")):
            os.remove(os.path.join(get_filename,"mkdir_file"))
        if not os.path.exists(os.path.join(get_filename,"mkdir_file")):
            os.mkdir(os.path.join(get_filename,"mkdir_file"))

        os.chdir(get_filename,"mkdir_file")
        file = QtCore.QFile("temporary.txt")
        file.open(QtCore.QIODevice.ReadOnly)
        out = QtCore.QDataStream(file)
        out.writeQString("草刈りが大変です。")
        file.close()

def main():
    try:
        QtGui.QApplication([])
    except Exception as e:
        print(e)
    w = OsOperator()
    w.show()

    sys.exit(QtGui.QApplication.exec_())

if __name__ == "__main__":
    main()

生じるエラー
結構こういうエラーが起きます。
FileNotFoundError: [WinError 3] 指定されたパスが見つかりません。: 'J:\\a.txt\\mkdir_file'
[WinError 5] アクセスが拒否されました。

何を聞きたいのか
osモジュールによる操作で、ファイルを作成したとき、ファイルに移動したとき、削除したとき、つなげた時、存在をチェックしたとき、現在のディレクトリを確認したとき等のファイルと、ディレクトリ指定の流れを確認したい。しくみを理解したい。

やろうと思えば、こうしたエラーは回避できないことはないのですが、その時のみで、根本の理解が出来ていないため、直ぐに忘れます。できれば後学参照のための知識のページにしたいです。ファイルの階層化なんて楽勝だというレベルになりたいです。
基本的には、以下の流れを実現したいです。
まず、ファイルの名前を決定する。
次に、ファイルを作りたい場所へと移る。
もし、既に同じ名前のファイルがあれば、それを消去し、改めて同じ名前のファイルを作る。(更新のため)
次に、一旦上の階層のファイルに戻ったりする。
そこに、新しいファイルを作り、そのファイルの中に入っていく。
これの繰り返しをしたいのですが、os操作の理解ができていないので、結構てこずるのです。根本的な理解が出来れば、するするといけるような気がするのですが。

今のところの理解
ディレクトリとファイルは、入れ子状態で階層化されているというのは重々理解しているつもりです。しかし、実際それをosで操るときに、今どこにポイントが存在しているのか、頭の中で整理がついておりません。ひょっとして理解はできているのかもしれませんが、実際の変数の読み違いによるコードの置き方が問題なのかもしれません。osのメソッド群それ自体が、どのような機能を持っているのかはよくわかっています。

参考となる可能性のあるリンク等
os--雑多なオペレーティングシステム
os.path--共通のパス名操作
Win32エラーコード一覧

  • 1
    新たなタグを乱用しすぎでは。バージョン番号まで付ける意味が分かりません。 – htb 18年10月9日 4:43
  • @htb 大変申し訳ありません。また気を付けてきます。cubick氏編集ありがとうございます。 – Haru 18年10月9日 5:03
  • @Haru 必要と思われる情報はもちろん記載すべきですが、一方で「情報の詰め込み過ぎ」も読み手にとってやさしくありません。「何に困っているのか/質問したいのか」をよく整理した上で情報を絞り込んでみてください。この内容であれば64bitという情報は恐らく冗長ですし、「何を実現したいのか」→「特に何をという訳ではないが」も、読んだ人からすれば対応に困ってしまいます。 – cubick 18年10月9日 5:07
  • @cubick いろいろとありがとうございます。色々大変参考になりました。 – Haru 18年10月9日 5:43
3

質問多すぎっす。全部記すには余白が足らない、のレベルですね。

https://docs.python.jp/3/library/os.path.html
には、パス名を操作する便利な関数とだけ書かれています。つまり「パス名」を操作するだけです。コンピュータは行間など読みませんから、マニュアルに書かれていないことはしません(マニュアルを書く側が、そのように心がける必要があります) os.path の階層の関数群は、作ったパス文字列で何かすることはありません。

https://docs.python.jp/3/library/os.html
同じく書かれていないことを勝手にしたりはしないので
os.mkdir はディレクトリを作るだけで勝手に os.chdir しません。
os.getcwd はカレントディレクトリを返すだけです。

っていうか普通にコマンドプロンプト (Windows) なり、シェル (Linux) なり使ったことないですか?その経験がないからなんとなく納得できていないんだと思います。シェル窓で普通に mkdir したらディレクトリが作られるだけで勝手に chdir されません。 pwd したってカレントディレクトリは変わりません。ぜひ一度コマンドプロンプトなりシェル窓なりで心行くまで手でファイル・ディレクトリ操作してみてください。

2

例えばファイルの削除を行う場合、Windowsならdelコマンド、Linuxならrmコマンドの様に、OSによって使用するコマンドが異なるケースがあります(中には共通の名前を持つものもあります)。

Pythonは複数のOS上で動く言語なので、これらの違いをなるべく意識せずに統一したコマンドで実行できるようにしたのがosモジュール、os.pathモジュール等です。

今どこにポイントが存在しているのか、頭の中で整理がついておりません。

これを確認するのがos.getcwd()です。その他のメソッドも774RRさんが書かれている通り、OS本来のコマンドとの対応付けを意識しながら使用すると理解しやすいんじゃないかと思います。

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする