1

よく使うmysqldumpのオプションと使用例 を見ていました。

そこでは、 mysqldump を行うにあたっては、 --flush-logs を付与すると良い、ということが書いてあります。

質問

  • mysqldump において、 --flush-logs を行う理由は何ですか?
    • これを付与しなかった場合、どのようなトラブルが想定されますか?
1

ざっくりいうと復元の際に便利だからですね。
省略すると、作業手順が増えるので、復旧に時間がかかると言ったことが考えられます。

  • ダンプからリストアした場合は、ダンプ取得時の古い状態になります。
    バイナリログからロールフォワードリカバリを行えば、ダンプ取得後~障害発生直前までに戻せます。

  • --flush-logs は バイナリログがローテートされて新しいファイルが作成されるオプションです。
    復元時は 新しいバイナリログの先頭から リカバリを行えば良く、古いバイナリログは無視できます。

  • オプションを省略した場合は、バイナリログから復元ポイントを探して、そのポジションを --start-positon で指定する必要があります。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする