2

再帰CTE (with recursive) について調べていて、これは SQL99 の規格で標準が定められているらしいですが、その厳密な仕様はどうなっているのか、気になりました。

with recursive の規格(とくに、どういった構文がゆるされるのか)ないし、これについてまとまった資料などはありませんでしょうか。

0

https://www.iso.org/standard/26197.html の、 7.13 <query expression> にいろいろ書いてあります。構造としては、

  • with recursive で定義された場合、以下のような制約を見たさなければならない
    • 再帰は線形(linear)でなければならない

に集約されるようだ、と思っています。ここで言う再帰が線形である、というのはどういうことかというと、各 with の query expression に対して、それが参照するその他 with 参照名のうち、同じ循環した参照グラフの中にいる with 参照名は、高々1つである。プラス、線形にループを回すために、 with 項目の query expression が従わなければならい条件がひたすら続く、、、みたいな構造です。

一つ注目するべきは、この仕様を自分が読む限りでは、相互循環再帰は、それが linear である限り、認められているようだ、ということです。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする