0

CentOS 7.5で、特定のUSBデバイスについて読み書きを常に許可するようパーミッションを変える目的でudevを新規作成しました。

下記の1.を記述するとUSBデバイスを抜き差しすることでパーミッションが適切に変わるのですが、2.を記述するとパーミッションが変わりませんでした。

  1. KERNEL=="ttyUSB*", ATTRS{idVendor}=="hoge", ATTRS{idProduct}=="fuga", MODE="0666"
  2. SUBSYSTEM=="usb", ATTRS{idVendor}=="hoge", ATTRS{idProduct}=="fuga", MODE="0666"

冒頭のKERNEL=="ttyUSB*"SUBSYSTEM=="usb"のみが1.と2.の違いです。
man page for udev (centos section 7)などを参照しても、2.の記述が不適切な理由が読み取れませんでした。

USBデバイスに対応するSUBSYSTEMの名称を調べるコマンドは存在するのでしょうか。
または2.の記述自体に問題があり、修正すべき正しい記述があるのでしょうか。

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする