2

誤字を検出して正解の単語をサジェストする、いわゆる「もしかして」検索を実装しようとしています。
使用する正解の単語コーパス(以下『辞書』)を検索対象の項目ごとに切り替えて精度を上げる運用を考えています。
(例えば氏名の項目には『氏名データベース』から、注文の項目には『自社の取扱い商品名リスト』から生成した辞書をそれぞれ割り当てます)

オンプレミス環境で任意の辞書からレーベンシュタイン距離が1の誤字(挿入、置換、削除を1文字行って正解に合致する誤字)と正解を表示することが目的です。
日本語に対してこの校正用途で使用可能なライブラリまたはアルゴリズムは公開されているのでしょうか。
言語やOSは問いません。

自作のコードではgrepとループを繰り返す総当たり処理しか思いついていないため、項目数や辞書の単語数が増えてくると低速になることを懸念しております。
高速なライブラリがあれば試用したいのですがうまく見つけられないため質問させていただきました。

2

PostgreSQLでは、拡張機能fuzzystrmatchLevenshteinが提供されています。
https://www.postgresql.org/docs/10/static/fuzzystrmatch.html

また、Elasticsearchでも、可能と思われます。
https://www.elastic.co/guide/en/elasticsearch/reference/current/query-dsl-fuzzy-query.html

1

いただいた回答をヒントに、Levenshtein & DB名で検索したところ、様々なライブラリを探すことができました。

上記以外にもインデックスを作成しておくことで、BK木より100倍速いというベンチマークを表示しているSymSpellが興味深いです。
https://qiita.com/daimonji-bucket/items/1f40bc3242a3d26133d0

2バイト文字に対応しているかどうかは分かりませんが、検索するとMySQLやSQLiteでレーベンシュタイン距離を計算するライブラリもヒットするようです。

  • 2
    日本語では、英語のようなスペルミスは少なくて、異体字や表記の揺れの問題の方が大きいので形態素解析器 が重要になります。次の記事も処理の参考になると思います。 qiita.com/sorami/items/99604ef105f13d2d472b – Yasuhiro Niji 18年8月14日 2:53

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする