1

下記の引用は、ブレイクスルーjavascript初版96頁に記述されているものを一部抜粋したものです。

〇Promise/Deferredを使った非同期通信
javascriptにおける非同期通信は、昨今のwebアプリケーションの進化を大きくけん引してきたといっても過言ではありません。しかし、その便利さとは裏腹に、非同期通信で受け取ったレスポンスをコールバックで処理するというシステムは時に複雑を極めます。
次のコードは、「asyncFuncA >asyncFuncB >asyncFuncCの順に、前回の非同期通信完了を待ってから実行する」という処理の例です。

asyncFuncA (function(a){
  asyncFuncB (function(b){
    asyncFuncC(function(c){
      console.log(c);
    },function(error){
      console.log(error);
    })
  },function(error){
    console.log(error);
  })
},function(error){
  console.log(error);
})

ここで疑問なのですが、書籍の言う前回の非同期通信というのは、ソース中のどれなのでしょうか。

試したソース

let asyncFuncA = function(qqq,eee) {
  //qqqは、入れ子になっているほうの関数
  qqq("asyncFuncA関数の仮引数であるqqq関数を実行");
  eee("asyncFuncA関数の仮引数であるeee関数を実行");
  console.log("qqq-a:",qqq,"eee-a:",eee);
};
let asyncFuncB = function(qqq,eee) {
  qqq("asyncFuncB関数の仮引数であるqqq関数を実行");
  eee("asyncFuncB関数の仮引数であるeee関数を実行");
  console.log("qqq-b:",qqq,"eee-b:",eee);
};
let asyncFuncC = function(qqq,eee) {
  qqq("asyncFuncC関数の仮引数であるqqq関数を実行");
  eee("asyncFuncC関数の仮引数であるeee関数を実行");
  console.log("qqq-c:",qqq,"eee-c:",eee);
};

asyncFuncA(function(a){
  console.log("実引数a",a);
  asyncFuncB(function(b){
    console.log("実引数b",b);
    asyncFuncC(function(c){
      console.log("実引数c",c);
    },function(error){
      console.log("実引数error-c",error);
    });
  },function(error){
    console.log("実引数-error-b",error);
  });
},function(error){
  console.log("実引数error-a",error);
});

`

https://teratail.com/questions/137033

  • 見た感じ通信は行っておらず、関数を次々に呼び出しているだけですね。なのでこのソース内部では「前回の非同期通信」というものは存在しないでしょう。こちらのURLに似た内容が記述されているようですので、こちらと合わせて読むと何かわかるかもしれません。htmlhifive.com/conts/web/view/study-room/… – user17014 18年8月3日 11:01
  • 「試したソース」は書籍中のものですか? それとも質問者さんが書いたものですか? – mjy 18年8月3日 11:53
1

「asyncFuncA >asyncFuncB >asyncFuncCの順に、前回の非同期通信完了を待ってから実行する」というのは、もう少し詳しく書くと、「asyncFuncA >asyncFuncB >asyncFuncCの順に、asyncFuncAの非同期通信完了を待ってからasyncFuncBを実行し、asyncFuncBの非同期通信完了を待ってからasyncFuncCを実行する」という意味だと思います。

実際に動作する非同期関数のサンプルをXMLHttpRequestを使って書いてみます。

function asyncFunc(url, callback, error) {
    var xmlHttp = new XMLHttpRequest();
    xmlHttp.onload = function() {
        if (xmlHttp.readyState == 4 && xmlHttp.status == 200) {
            callback(xmlHttp.responseText);
        }
    };
    xhr.onerror = function () {
        error(xhr.statusText);
    };
    xmlHttp.open("GET", url, true);
    xmlHttp.send(null);
}

それは、以下のように使います。

asyncFunc(url, function(res1){
  asyncFunc(url + '?id=' + res1.id, function(res2){
    console.log(res2);
  },function(error){
    console.log(error);
  })
},function(error){
  console.log(error);
});

質問のように3つ重ねるのは面倒なので2つにしておきました。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする