2

表題の件ですが、

・cloudfront→ALB→EC2

・https~→cloudfront→ALB→EC2
※ https~はCertificate Managerで発行

のように変更したところ、post、laravel socialiteを利用したtwitter認証ができなくなりました。

下記の処理を用いて、routes/web.phpにてassetヘルパー関数のhttps化は行っています。

if(config('app.env') === 'production') {
 URL::forceScheme('https');
}

原因は恐らくhttps化前後で、
postまたはtwitter認証後のredirect時のRequest($request)内の#session:Storeの値が異なるからではないかと考えていますが、解決方法がわかりません。

・https化前

#session: Store {#▼
#id: "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX"
#name: "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX_session"
#attributes: array:4 [▼
  "_flash" => array:2 [▼
    "old" => []
    "new" => []
  ]
  "_token" => "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX"
  "url" => array:1 [▼
    "intended" => "http://XXXXXXXXX/XXXXXXXXX/XXXXXXXXX"
  ]
  "_previous" => array:1 [▼
    "url" => "http://XXXXXXXXX/XXXXXXXXX"
  ]
]
#handler: DatabaseSessionHandler {#▶}
#started: true}

・https化後

#session: Store {#▼
#id: "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX"
#name: "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX_session"
#attributes: [
  "_token" => "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX"
]
#handler: DatabaseSessionHandler {#▶}
#started: true}

この問題を一向に解決できずに、大変苦労しております。
恐れ入りますが、解決方法をご教授して頂きますと幸いです。

環境
・ Laravel 5.5
・ PHP 7.0
・ Appache 2.4
・ Amazon Linux AMI release 2018.03

0

.envファイルの中でAPP_URLを設定してみる。
たとえば、APP_URL=http://localhost => APP_URL=https://localhostです

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする