2

neobundle.vimでvimprocを管理したく、初回セットアップの後、NeoBundleUpdateするのですが、気がつくと下記のエラーメッセージが出てくるようになります。

vimproc's DLL: "C:/Users/me/vimfiles/bundle/vimproc.vim/autoload/vimproc_ win64.dll" is not found. Please read :help vimproc and make it.

実際、当該ファイルは存在しないので、makeに失敗しているようです。 ここからの問題判別方法を知りたいです。

vimrcのbundleは下記のように記述しています。

NeoBundle 'Shougo/vimproc.vim', {
    \ 'build' : {
    \       'windows' : 'tools\\update-dll-mingw',
    \       'unix' : 'make -f make_unix.mak',
    \   },
    \ }

追記: 初回のmakeは意図通りに出来ており、その際のvimprocの動作に問題は無いように思えました。その状態でしばらく使い続けてNeoBundleUpdateを行うとアップデート中で行われるmakeが失敗するようになる、という状況です。

2

update-dll-mingw.bat の作者です。このバッチファイルは、内部的に make_mingw32.mak または、make_mingw64.mak を使ってDLLをビルドします。

WindowsではLinuxと異なり、ロードされているDLLを書き換えることが出来ません。従って、NeoBundleから自動でvimprocのDLLをビルドしようとしても普通は失敗してしまいます。しかし、ロードされているDLLのリネームは可能なため、一度DLLのビルドを試し、失敗した場合には古いDLLをリネームして、再度ビルドを行うというのがこのバッチファイルです。(経緯については、 https://github.com/Shougo/vimproc.vim/issues/131 を参照してください。)

このバッチファイルを使う大前提として、MinGWにパスが通っており、make_mingw*.makでDLLがビルドできることが必要です。次の手順で確認してみてください。

  1. mingw32-make -f make_mingw64.mak または、mingw32-make -f make_mingw32.mak をコマンドプロンプト実行しDLLがビルドされることを確認する。
  2. コマンドプロンプトの同じディレクトリから、tool\update-dll-mingw.batを実行してDLLがビルドされることを確認する。

なお、update-dll-mingw.batは32/64bitを自動判別しますが、判別に失敗するようであれば、32または64を引数として与えてください。例:

NeoBundle 'Shougo/vimproc.vim', {
\ 'build' : {
\       'windows' : 'tools\\update-dll-mingw 32',
\       'unix' : 'make -f make_unix.mak',
\   },
\ }
  • 教えていただいた方法で検証を行いました。 コンパイラとして、適切でないバージョンのものを利用していたのが原因でした。自分の場合はx86_64-w64-mingw32を個別にインストールして解決しました。 ありがとうございました。 – morinatsu 14年12月28日 7:32
1

こちらの記事

VimShellを動かすにはVimProcのdllを入れる必要があります。これまでは自分で作る必要がありましたが、2012/12/13版からvimprocのdllがgVimに同梱されています。

とあります。

KaoriYaさんのvimをお使いでしたら、回答したディレクトリの plugins\vimproc\autoload にvimproc_win64.dll が存在しますので、そちらを指定の位置にコピーされてみてはどうでしょうか。

0

このwindowsのビルド用のパスが違っていませんか? vimprocと同階層のmake_mingw32.makmake_mingw64.makをビルドしないといけないようですが…。

https://github.com/Shougo/vimproc.vim#windows

  • 初回のmakeはLayzieさんのおっしゃる、make_mingw64.makで行ったのですが、githubのNeoBundleの項に'tools\\update-dll-mingw'とあったので、そちらに切替えました。その辺に原因があるのでしょうか…。 – morinatsu 14年12月12日 15:01
  • 作者です。 tools/update-dll-mingw は make を自動で呼び出します。 tools/update-dll-mingw の実行に何か問題がある(おそらくエラーが発生している)のだと思われます。 一度該当コマンドをコマンドプロンプトで実行してみて、エラーがないか確認するべきです。 – user2186 14年12月14日 12:04

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする