1

Q1.CentOS 7 には Postfix がデフォルトでインストールされていますか?


Q2.今現在、下記状態なのですがどういう意味ですか?
・yumではインストールされていないけれども、Postfix は存在している?
・/etcに postfixがあるからと言ってインストールされているとは限らない??

# yum list installed | grep postfix

・何も表示されない

# ls /etc

postfix


環境
・CentOS 7

2

CentOSは配布形態がいくつかあるので(通常版, netinstall, minimal, etc...)、どの手段を使ってインストールしたかにもよると思います。

完全なパッケージ名が分かっているならrpm -q <PACKAGE>yum list <PACKAGE>で確認する方法もあります。

$ rpm -q postfix
postfix-2.10.1-6.el7.x86_64

$ yum list postfix
インストール済みパッケージ
postfix.x86_64     2:2.10.1-6.el7     @anaconda

# 未インストールの場合は以下の様な表示
利用可能なパッケージ
postfix.x86_64     2:2.10.1-6.el7     @anaconda

etc/postfixが存在するのは tanalab2 さんも言及している通り、過去にパッケージがインストールされていたが手動、または自動でパッケージが削除され、設定ファイルのみ残っている可能性があります。
この辺りの挙動は過去質問でも回答しています。

  • rpm -q postfixで、パッケージ postfix はインストールされていません。と表示されました。現在「未インストール」であることが分かったので、これから新規インストールすることにします – re9 18年7月13日 0:43
1

Q1.CentOS 7 には Postfix がデフォルトでインストールされていますか?

以下によると、最小限のインストールのパッケージにpostfixは入っているようですので、デフォルトでインストールされると思います。

CentOS 7インストーラの「ソフトウェアの選択」の中身を調べてみた

Q2.今現在、下記状態なのですがどういう意味ですか?

postfixのパッケージがインストールされていないということだと思います。(他のMTAパッケージをインストールした等の理由により削除された。)

パッケージは削除されたが、postfixの設定ファイル格納用ディレクトリ(/etc/postfix/)が残ってしまった状態ということだと思います。

  • 「他のMTAパッケージをインストールした等の理由により削除された」そういう理由で削除されることもあるのですね。何れにしても現在「未インストール」であることが分かったので、これから新規インストールすることにします – re9 18年7月13日 0:45
1
# rpm -qf /etc/postfix
ファイル /etc/postfix はどのパッケージにも属していません。

このように表示されれば、インストールされていません。

yum history package-info postfix を実行すると過去にインストールされていたかなど、わかるかもしれません。

  • yum history package-info postfix実行したら、インストール後削除していました。ただ、インストールの開始時間が2016と表示されていた意味が分かりませんでした(CentOS7自体をインストールしたのが2018なのに……) – re9 18年7月13日 0:40
  • 2016と表示されたのはいわゆるプリインストールなんだと思います。 – take88 18年7月23日 12:15

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする