3

dotenv という gem があります。(https://github.com/bkeepers/dotenv) この gem は、たとえば rails_root の直下に .env というファイルを置いておくと、その値を ruby で環境変数を取り扱う値である ENV に取り込んでくれます。

この dotenv という gem、便利なのですが、 github リポジトリの README.md の最初の文に次のように書いてあります。

Shim to load environment variables from .env into ENV in development.

dotenv の gem の説明で、 development をとりたてて協調しているということは、おそらくこれは production で利用されることは想定していないないし、推奨されないのではないかと思っています。

質問

  • dotenv を production で利用することによって、何か予期される問題などありますでしょうか?
2

dotenvのFAQ に回答がありました。

超意訳ですが、「PuppetやChefによる/etc/environmentの設定やheroku configなど、一般的なより良い方法があるけど、 .env.production.env.test など使うのもありだよ。でも、 production用の.envファイルはコミットしないように気をつけましょう。」という感じでしょうか。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする