1

ruby の rbenv には、対象リポジトリをどの ruby を用いて実行するかを指定する .ruby-version があります。 nodejs の nodenv にも同様のものがあるのではないかと思いました。

質問

  • nodenv に、リポジトリ(ディレクトリ)の隠しファイルで、そこにバージョンを記述しておくと、 nodenv がよろしくそのバージョンでもって実行してくれるようなファイルのしくみは存在しますか?
  • nvm ではなく nodenv ですか? – nekketsuuu 18年6月26日 4:24
  • @nekketsuuu 普段 ruby では rvm よりも rbenv を使っているので、 nodejs についても nodenv を使おうかと思ったので、 nodenv です。 実運用上もはや使われない構成である、とかであれば nvm を使うことも検討しようかとは思います。 – Yuki Inoue 18年6月26日 4:29
  • 1
    nodenvは使ってませんが、ndenvを使ってます。(anyenv経由でインストール) ndenvには、 .node-versionファイルがあり rbenvと同様にバージョンを指定できます。便利です。 – user28902 18年6月26日 4:33
  • @tanalab2 なるほど、、 ndenv というものもあるんですね… – Yuki Inoue 18年6月26日 4:34
0

はい、nodenv にも .node-version というローカル用設定ファイルが存在します。

以下、nodenv の README.md の "Coosing the Node Version" からの引用です。

  1. The first .node-version file found by searching the directory of the script you are executing and each of its parent directories until reaching the root of your filesystem.
  2. The first .node-version file found by searching the current working directory and each of its parent directories until reaching the root of your filesystem. You can modify the .node-version file in the current working directory with the nodenv local command.

和訳:

  1. スクリプトを実行したディレクトリから、ファイルシステムのルートに達するまで親ディレクトリを探索していき、最初に見つかった .node-version ファイル
  2. 現在作業中のディレクトリから、ファイルシステムのルートに達するまで親ディレクトリを探索していき、最初に見つかった .node-version ファイル。この .node-version ファイルは、作業中のディレクトリで nodenv local コマンドを使うことで変更できます。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする