「nginx+unicorn+rails5.2.0」で、capistranoを使って、でサーバの構築を行いましたが、nginxの画面しか見えませんでした。一応、ゲストサーバーに入って、unicornの動作を確認しましたが、動いているようです。

ops@ubuntu-14:/var/www/awesome-events/current$ ps aux | grep unicorn
ops 3355 0.0 7.8 266192 80176 ? Sl 22:05 0:02 unicorn master -c config/unicorn.rb -E none -D
ops 3374 0.0 7.4 267220 75544 ? Sl 22:05 0:00 unicorn worker[0] -c config/unicorn.rb -E none -D
ops 3376 0.0 7.4 267220 75540 ? Sl 22:05 0:00 unicorn worker[1] -c config/unicorn.rb -E none -D
ops 3523 0.0 0.0 11744 924 pts/0 S+ 22:56 0:00 grep --color=auto unicorn

 そこで、エラーログ(log/unicorn-stderr)の確認を行ったところ、下記のようなメッセージがありました。しかし、どこで、エラーが出ているのか分かりません。どこで、エラーが出ているのか教えて頂けませんでしょうか?また、他にもエラー原因が分かる方法があれば教えて頂けると助かります。(log/unicorn-stdoutでは、何も表示されていませんでした。)

I, [2018-06-10T22:05:34.389710 #3337] INFO -- : Refreshing Gem list
I, [2018-06-10T22:05:36.394854 #3337] INFO -- : listening on addr=127.0.0.1:3000 fd=8
I, [2018-06-10T22:05:36.399762 #3337] INFO -- : master process ready
I, [2018-06-10T22:05:36.400916 #3341] INFO -- : worker=0 ready
I, [2018-06-10T22:05:36.404272 #3344] INFO -- : worker=1 ready
I, [2018-06-10T22:05:36.438856 #3355] INFO -- : executing ["/var/www/awesome-events/shared/bundle/ruby/2.5.0/bin/unicorn", "-c", "config/unicorn.rb", "-E", "none", "-D", {8=>#}] (in /var/www/awesome-events/releases/20180610220523)
I, [2018-06-10T22:05:36.439046 #3355] INFO -- : forked child re-executing...
I, [2018-06-10T22:05:36.692161 #3355] INFO -- : inherited addr=127.0.0.1:3000 fd=8
I, [2018-06-10T22:05:36.692392 #3355] INFO -- : Refreshing Gem list
I, [2018-06-10T22:05:38.419510 #3355] INFO -- : master process ready
I, [2018-06-10T22:05:38.422386 #3374] INFO -- : worker=0 ready
I, [2018-06-10T22:05:38.425321 #3376] INFO -- : worker=1 ready
I, [2018-06-10T22:05:38.518200 #3337] INFO -- : reaped # worker=0
I, [2018-06-10T22:05:38.518296 #3337] INFO -- : reaped # worker=1
I, [2018-06-10T22:05:38.518337 #3337] INFO -- : master complete

大雑把に言うと、以下のとおり構築しました。
(コードは、必要でしたでしょうか?ファイルが大量ににありすぎるので。。。とりあえず、この様な感じで構築しています。)
⑴「vagrant」でboxをアップし、「chef」でサーバーの構成を行う。
 この時、オペレータユーザを作成して、nodeとしてサーバー情報を追加しまし、プロビジョニングしました。もちろん、nginxのレシピもセットしました。
⑵railsアプリにunicornを追加し、staging環境をセットしました。
 ※「RAILS_ENV=staging rake db:setup」⇨「rails s -e staging」を実行したところ、staging環境の画面がブラウザに立ち上がりました。
⑶capistranoを下記のとおり設定し、デプロイしました。
 github経由でアプリファイルを仮想サーバに移し、railsに必要な処理を走らせたのち、unicornを再起動するように設定してしました。
⑷「localhost:8080」をブラウザに入力したところ、nginxの画面しか確認出来ません。
  ※vagrantfileで、「config.vm.network :forwarded_port, guest: 80, host:8080」とした。

ちなみに、nginxの画面は確認できるし、エラーログを見たところ、unicornとnginxもつながっている??ようにみえるので、以下の点が気になっていますが、どこを確認すればいいのか分からない状態です。
  ①画面への出力が逆になっている。(エラーでないログが、stderr_logに表示されるため)
  ②unicornとrailsの接続がうまく行っていない。または、railsが動いていない?
   (正直、unicornとrailsがどのように関わっているのか理解していない。ただ、unicorn.rbファイルをconfigフォルダの下にいれてあればつながると思っています。)

nginx_setting.rb(site-cookbooksのtemplates)
⇨/etc/nginx/sites-available/default
※node["rails_book_cookbook"]["server_name"]=vagrant.local

server {
  listen 80; 
  server_name node["rails_book_cookbook"]["server_name"];
  access_log /var/log/nginx/node["rails_book_cookbook"]["server_name"].access.log;
  root /var/www/awesome-events/current/public;
  location / { 
    proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
    proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
    proxy_set_header Host $http_host;
    proxy_redirect off;
   if (!-f $request_filename) {
     proxy_pass http://127.0.0.1:3000;
     break;
    }   
  }
}

nginx.conf

user www-data;
worker_processes 2;
error_log  /var/log/nginx/error.log;
pid        /var/run/nginx.pid;
events {
  worker_connections  1024;
}
http {
  include       /etc/nginx/mime.types;
  default_type  application/octet-stream;
  charset_types text/css text/plain text/vnd.wap.wml application/javascript application/json application/rss+xml application/xml;
  access_log    /var/log/nginx/access.log;
  sendfile on;
  tcp_nopush on;
  tcp_nodelay on;
  keepalive_requests 100;
  keepalive_timeout  65;
  gzip  on;
  gzip_http_version 1.0;
  gzip_comp_level 2;
  gzip_proxied any;
  gzip_vary off;
  gzip_types text/plain text/css application/x-javascript text/xml application/xml application/rss+xml application/atom+xml image/svg+xml text/javascript application/javascript application/json text/mathml;
  gzip_min_length  1000;
  gzip_disable     "MSIE [1-6]\.";
  variables_hash_max_size 1024;
  variables_hash_bucket_size 64;
  server_names_hash_bucket_size 64;
  types_hash_max_size 2048;
  types_hash_bucket_size 64;
  include /etc/nginx/conf.d/*.conf;
  include /etc/nginx/sites-enabled/*;
}

conf.d/default.conf

server {
    listen       80;
    server_name  localhost;
    location / {
        root   /usr/share/nginx/html;
        index  index.html index.htm;
    }
   error_page   500 502 503 504  /50x.html;
    location = /50x.html {
        root   /usr/share/nginx/html;
    }
}

sites-available/default

server {
  listen 80;
  server_name vagrant.local;
  access_log /var/log/nginx/vagrant.local.access.log;
  location / {
    root /var/www/awesome-events/current/public;
    proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
    proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
    proxy_set_header Host $http_host;
    proxy_redirect off;
   if (!-f $request_filename) {
     proxy_pass http://127.0.0.1:3000;
     break;
    }
  }
}

「ls -al /etc/nginx/sites-available/default」の結果

ops@ubuntu-14:~$ ls -al /etc/nginx/sites-enabled
total 8
drwxr-xr-x 2 root root 4096 Jun 28 09:16 .
drwxr-xr-x 7 root root 4096 Jun 30 03:36 ..
lrwxrwxrwx 1 root root 34 Jun 28 09:16 000-default -> /etc/nginx/sites-available/default

awesome-events/current/public」確認結果

ps@ubuntu-14:~$ ls -l /var/www/awesome-events/current
lrwxrwxrwx 1 ops ops 47 Jul 1 03:56 /var/www/awesome-events/current -> /var/www/awesome-events/releases/20180701035403
ops@ubuntu-14:~$ ls -l /var/www/awesome-events/current/public
total 16
-rw-rw-r-- 1 ops ops 1722 Jun 26 11:07 404.html
-rw-rw-r-- 1 ops ops 1705 Jun 26 11:07 422.html
-rw-rw-r-- 1 ops ops 1635 Jun 26 11:07 500.html
-rw-rw-r-- 1 ops ops 0 Jun 26 11:07 apple-touch-icon.png
-rw-rw-r-- 1 ops ops 0 Jun 26 11:07 apple-touch-icon-precomposed.png
lrwxrwxrwx 1 ops ops 44 Jul 1 03:54 assets -> /var/www/awesome-events/shared/public/assets
-rw-rw-r-- 1 ops ops 0 Jun 26 11:07 favicon.ico
-rw-rw-r-- 1 ops ops 98 Jun 26 11:07 robots.txt

/var/log/nginx/vagrant.local.access.log

10.0.2.2 - - [01/Jul/2018:03:59:55 +0000] "GET / HTTP/1.1" 403 169 "-" "Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_13_4) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/11.1 Safari/605.1.15"

sites-available/defaultの修正(tyr_filesディレクティブ)

server {
listen 80;
server_name vagrant.local;
access_log /var/log/nginx/vagrant.local.access.log;
root /var/www/awesome-events/current/public;
location / {
try_files $uri $uri/ @app;
}
location @app {
proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
proxy_set_header Host $http_host;
proxy_redirect off;
proxy_pass http://127.0.0.1:3000;
}
}

  • どのように構築したか書くことはできますか?エラーログと書かれてますが、「INFO」レベルのメッセージなので異常はなさそうにも見えます。 – take88 6月11日 7:19
  • サーバーの構築からデプロイした状況を追記しました。デプロイ完了後、リモートサーバーにあるrailsの立ち上げになにか必要なコマンド入力があるのでしょうか? – takashi 6月12日 22:31
  • 追記ありがとうございます。ただ、残念ながらはっきりしたことはわかりませんでした。nginx.conf を提示してもらえますか? Include しているファイルがあればそちらもお願いします。Nginxの画面が表示されるのは、Nginx上のデフォルトサーバーが動いているからだと思います。Railsアプリが表示されないのは、Nginxの設定がうまくできていないか、ホストベースのバーチャルホストの設定が意図したものと違っているためではないかと推測してます。 – take88 6月15日 4:42
  • unicorn.confを追記します。だんだんと分かってきました。どうやら、chefリポジトリ内のcookbooksにberksfileからダウンロードしたnginxがあり、site-cookbooks内に自分であるnginxを作成したしていました。このnginxがwebアプリに接続する設定のnginxで、こちらのnginxが動いていないようです。unicorn.conf.erbの内容は、現在、勉強中です。どこか間違いがあれば、ご指摘お願いします。 – takashi 6月16日 5:52
  • listen 80; listen 80 default_server; に変更するとどうでしょうか?こうすると、unicorn.confで定義しているバーチャルホストがデフォルトサーバーになります。 – take88 6月18日 7:42

"conf.d/default.conf" で定義された server と、"sites-available/default" で定義さた server がどちらも、80番ポートでリッスンされていることが問題ではないでしょうか?

試しに、"conf.d/default.conf" のリッスンポートを 8080 とかに変更し、 nginx を再起動すれば、 "sites-available/default" の server に 80番ポートでアクセスできるようになるのではないでしょうか?

  • ダメでした。「403 Forbidden」エラーが発生します。 – takashi 7月1日 2:08
  • 403なので、切り分けができるかもしれませんよ。まずは、アクセスログ(/var/log/nginx/vagrant.local.access.log)を確認し、意図どおりに、vagrant.local側のサーバーにアクセスがきていることを確かめる。次に、サーバー定義にerror_logを追加して、403の理由がエラーログに出力されないか確かめる。といった具合です。 – user28902 7月1日 2:21
  • 「vagrant.local.log」にアクセスログはありませんでした。ちなみに、/var/log/nginx/error.logをみると、「2018/07/01 02:44:07 [error] 9962#9962: *2 directory index of "/var/www/awesome-events/current/public/" is forbidden, client: 10.0.2.2, server: vagrant.local, request: "GET / HTTP/1.1", host: "localhost:8080"」とあります。「client:10.0.2.2」と「directory index of〜」が気になっています。webサーバーを作っているのに、index??ってどういう事? – takashi 7月1日 3:02
  • エラーメッセージの通りで、"/var/www/awesome-events/current/public/"が存在するかまず確認してください。存在する場合は、nginxを実行しているユーザー(ops)またはグループに該当ディレクトリのアクセス権限があるか確認してください。 – user28902 7月1日 3:13
  • 「awesome-events/current/public」は、追記の「awesome-events/current/public」確認結果のとおり、「シンボリックリンクがはられていますが、アクセス可能です。シンボリックリンクだから、NGとかないですよね?? それと、nginxは、if文を極力使わない方が良いみたいだったので、try_filesディレクティブを使用(追記)したところ、「/var/log/nginx/vagrant.local.log」に追記の様なlogが認められました。 – takashi 7月1日 4:29

sites-available/default が次になるように Chef の方を修正してみてください。default_server オプションをつけることで明示的に sites-available/default の方をデフォルトにしています。

server {
  listen 80 default_server;
  server_name vagrant.local;
       ::::

もしくは、nginx.confinclude /etc/nginx/conf.d/*.conf; の行をコメントアウトすれば、conf.d/default.conf の内容が無視されるので、結果的に site-available/default の内容がデフォルトになると思います。(他にもファイルがある場合は、話が変わってしまうので 先述の方法のがおすすめです。)

もう一つの回避方法は、Webクライアント側の PC?で vagrant.local に対する名前解決が出来るようにしてください。具体的には hosts ファイルに次の行を追加します。

xxx.xxx.xxx.xxx   vagrant.local

※「xxx.xxx.xxx.xxx」はサーバーのIPアドレス

こうすると、sites-available/default の方のバーチャルサーバーが応答を返すと思います。

回答

 
破棄

回答を投稿をクリックすることで、当社の最新の利用規約プライバシーポリシー及びクッキーポリシーに同意したものとみなし、これらは今後のサイト利用の際にも対象となります。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする