0

iOS8でカメラを使ったアプリの開発をしているおり、実機でのテストが不可欠な状況です。

起動時にAVAuthorizationStatusを調べて、その対応を行うようにしているのですが、
一度、実機でテストを行ってしまうと、
その後、アプリアイコンを長押しして、アプリを削除しても、
アプリにひも付けられたAuthorizedStatusが残っているようで、
AVAuthorizedStatus.NotDetermind
の状態をテストすることができません。

シミュレーターなら、リセットすると、AuthorizedStatusがクリアされるようですが、
テストとは言え、使用する実機は実生活で使用しているものでもあり、その度に
実機をクリアするのは、実質的に無理な状況です。

なにかよい解決方法はありますでしょうか?
現在、Swiftを利用していますが、Objective-Cでも構いません。
よろしくお願いいたします。

  • 1
    設定>一般>リセット>位置情報とプライバシーをリセット ではダメですか? – h2so5 15年1月12日 6:13
1

2つ方法があります。

1つ目はアプリのバンドル名を変えてしまうことです。別アプリとして認識させてしまえば、再度NotDetermindをテストできます。

よりスマートな方法として、「設定」の「一般」>「リセット」>「位置情報とプライバシーをリセット」で、権限のみリセットすることができます。ただし個別のアプリを指定できず、全てのアプリの情報がクリアされてしまう欠点があります。

  • h2so5さん、quesera2さん、ありがとうございます。アプリのバンドル名を変える方法は、なんとなく可能性があるとは思っていましたが、このために名前をたくさん用意するのも気が引けました。「位置情報とプライバシーのリセット」は、よりよい方法だと思いますが、すべてのアプリについてリセットされてしまうのが、少なからぬ欠点と思います。まずは、これでテストしていきますが、もし、他によい方法があれば、ご教示いただければと思います。引き続きよろしくお願いいたします。 – thirtyseven 15年1月12日 10:04

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする