0

このページを参考にしてGitHubを利用するために、.sshフォルダのパーミッションを変更したいのですが、変更できずに困っています。

生成された秘密鍵のパーミッションを600に変更します。
$ chmod 600 ~/.ssh/id_rsa_github

「-rw-------」になっていれば正しいパーミッションに変更できています。

ここで同様の操作を行ってもパーミッションが変更されません。
-c オプションを使用して確認したところ、変更できている旨が表示されますが
実際には変更できていないという状態です。

解決方法を教えていただきたく投稿させていただきます。
よろしくお願いいたします。

  • 3
    ファイルオーナーと同一アカウントでコマンドは打ってる状態ですか?sudo打っても駄目? – user10259 18年5月25日 2:23
  • 1
    念のため、使用しているOSの種類も記載してあると回答のヒントになるかなと思います。 – cubick 18年5月25日 2:56
  • コマンド入力はファイルオーナーです。 – jsn 18年5月25日 4:38
  • OSはWindows 10になります – jsn 18年5月25日 4:38
  • sudo は使用できない旨が表示されます – jsn 18年5月25日 4:53
3

もしWindowsのgit bashを使用している場合、NTFS/FAT32等のファイルシステム上ではchmodでアクセス権を変更することはできません。
(一見chmod -cで変更されたように表示されるのは確かに紛らわしいですね)

また、参考にされたページの手順で実行している「秘密鍵のパーミッション変更」ですが、こちらはシステム上の他のユーザから不用意にファイルを参照されないようにするためのものです。
Windowsでchmodは実行できないと書きましたが、元々Windowsでは他のユーザアカウントのデータは(管理者権限が無い限り)見えないようアクセス制御されていますので、「秘密鍵のパーミッション変更」は実行しないままで大丈夫です。

  • なるほど!大変勉強になりました。ありがとうございました! – jsn 18年5月25日 4:40
  • 補足すると、Windows以外(?)で秘密鍵のパーミッションを600にするのが必須なのは、公開鍵認証時にエラーではじかれるからですね。 – yukihane 18年6月5日 6:01
  • @yukihane 「エラーで弾かれるから」パーミッションを変更するのではなく、「適切なパーミッション(600)でない場合にエラーで弾かれる」ですよね?目的と手段を混同されている気がします。 – cubick 18年6月5日 6:34

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする