3

環境

  • AWS EC2 ts.xlarge

背景

t2.xlargeインスタンスで、1日以上かかるバッチプログラムを実行しています。
プログラム開始してから数時間経った後の進捗率は、プログラム開始直後の約2~3倍でした。

進捗率が低いときの、CPUCreditBalanceのグラフは、以下の通りです。
画像の説明をここに入力
"25"付近を上下しています。"0"にはなっていません。

グラフの範囲を3日にしたのが、以下の図です。
画像の説明をここに入力
プログラムが遅くなったタイミングと、CPUCreditBalanceが"1300"から降下して"25"になったタイミングは、同じでした。

以上のことから、「プログラムが遅くなった原因はCPUCreditBalanceだ」と判断しました。

質問

CPUCreditBalanceが"0"にならないのは、なぜでしょうか?
また、CPUCreditBalanceが"25"で遅くなるのは、なぜでしょうか?

私は「CPUCreditBalanceが"0"になると、遅くなる」と考えていたので、上記の現象を疑問に思いました。

0

よくわからないので回答になってないですが・・・

CPUCreditBalanceが"0"にならないのは、なぜでしょうか?
また、CPUCreditBalanceが"25"で遅くなるのは、なぜでしょうか?

t2.xlarge は 4vCPU なので、5分間で 最大20クレジット消費する事ができます。
なので グラフの 値が "0" にならなくても速度の低下は見られると思います。
しかしながら 下限が24以上あるので もう少し動いてくれても良い気がしますね・・・。

この程度は 誤差なのかもしれませんが、他にボトルネックがある可能性は排除できない気がします。

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする