0

環境: CentOS 6.9

お世話になります。
以前こちらでawkを使用して指定期間内のメールログを抽出する方法をご教授いただき、大変参考なりました。

ここから更に改良できれば思っており色々と考えておりましたが自分だけでは上手くいかず、再度こちらから皆様のご意見をいただければと質問させていただきました。

メールログのサンプルはこちらとなります。
正常送信された場合のものとバウンスになった場合のものとなります。
送信先によって若干異なりますが、基本的にはこのような形式です。
例としてSoftBank(i.softbank.jp)に送信した際のものです。
ちなみにご覧の通りAWSにて送信しております。

May 10 00:00:00 ip-172-31-21-151 mail/smtpd[1439]: B670861CA0: client=ip-172-31-38-47.ap-northeast-1.compute.internal[172.31.38.47]
May 10 00:00:00 ip-172-31-21-151 mail/cleanup[1477]: B670861CA0: message-id=<hogehoge@example.com>
May 10 00:00:00 ip-172-31-21-151 mail/qmgr[1431]: B670861CA0: from=<hogehoge@example.com>, size=494, nrcpt=1 (queue active)
May 10 00:00:00 ip-172-31-21-151 mail/smtp[1459]: B670861CA0: to=<hogehoge@i.softbank.jp>, relay=msv.softbank.jp[117.46.9.104]:25, delay=0.8, delays=0.06/0/3.1/0.6, dsn=2.0.0, status=sent (250 Message received: 20180510111628949.MPQS.14641.ebmky105sc.i.softbank.jp@ebmky105sb.mailsv.softbank.jp)
May 10 00:00:00 ip-172-31-21-151 mail/qmgr[1431]: B670861CA0: removed

May 10 00:00:00 ip-172-31-21-151 mail/smtpd[8874]: 5564561CB8: client=ip-172-31-38-47.ap-northeast-1.compute.internal[172.31.38.47]
May 10 00:00:00 ip-172-31-21-151 mail/cleanup[8877]: 5564561CB8: message-id=<QUdsjiAFHF@OzemvwHngZ>
May 10 00:00:00 ip-172-31-21-151 mail/qmgr[8873]: 5564561CB8: from=<hogehoge@example.com>, size=442, nrcpt=1 (queue active)
May 10 00:00:00 ip-172-31-21-151 mail/smtp[8896]: 5564561CB8: to=<hogehoge@i.softbank.jp>, relay=msv.softbank.jp[117.46.7.40]:25, delay=1.1, delays=0.01/0/1/0.06, dsn=5.0.0, status=bounced (host msv.softbank.jp[117.46.7.40] said: 550 Invalid recipient: <hogehoge@i.softbank.jp> (in reply to RCPT TO command))
May 10 00:00:00 ip-172-31-21-151 mail/bounce[8906]: 5564561CB8: sender non-delivery notification: 6B19061CB3
May 10 00:00:00 ip-172-31-21-151 mail/qmgr[8873]: 5564561CB8: removed

以前ご教示いただいた内容を参考に現在は以下のように出力しております。
(例としてSoftbank系のtoを抽出した場合)

#!/bin/bash

filename='filename.csv'
nowtime=`date +%s`
updatetime=`date +%s -r $filename`
thisyear=`date +%Y`
thismonth=`date +%m`

localstr=`date "+%D %T"`
gmstr=`date "+%D %T" -u`
localtime=`date -d "$localstr" +%s`
gmtime=`date -d "$gmstr" +%s`
timediff=$(($localtime - $gmtime))

cat /var/log/maillog | awk -F - -v nowtime="$nowtime" -v updatetime="$updatetime" \
    -v thisyear="$thisyear" -v thismonth="$thismonth" \
    -v timediff="$timediff" '{
    m = substr($1, 1, 3)
    mon = (index("JanFebMarAprMayJunJulAugSepOctNovDec", m) + 2) / 3
    year = mon <= thismonth ? thisyear : thisyear - 1
    day = substr($1, 5, 2)
    hh = substr($1, 8, 2)
    mm = substr($1, 11, 2)
    ss = substr($1, 14, 2)

    if (mon < 3) {mon += 12; year--}
    epochtime = (365 * year + int(year / 4) - int(year / 100) + int(year / 400) \
        + int(306 * (mon + 1) / 10) - 428 + day - 719163) * 86400 \
        + (hh * 3600) + (mm * 60) + ss - timediff;
    } updatetime < epochtime && epochtime <= nowtime' 
    |grep -e 'to=<.*@i.softbank.jp>\|to=<.*@softbank.ne.jp>\|to=<.*vodafone.ne.jp>' 
    |grep -v 'discard' |sed -e 's/(250.*)//' 
    |awk '{if ($12 == "status=deferred") print $1,$2,$3,$7,$12; else if ($16 == 550) print $1,$2,$3,$7,$12,$16,$23; else print $1,$2,$3,$7,$12,$16}' 
    |sed -e 's/to=<//' |sed -e 's/>,//' 
    |sed -e 's/status=//' 
    |awk '{print($1,$2,$3 "," $4 "," $5 "," $6 "," $7)}' > $filename

日時,送信先メールアドレス(to),status,エラーコード,エラー種別

カンマで区切りCSVファイルとして出力しています。

May 8 00:00:00,to@hogehoge.com,sent,,
May 8 00:01:00,to@hogehoge.com,bounced,550,DATA
May 8 00:02:00,to@hogehoge.com,bounced,550,RCPT

こちらに加えて送信元メールアドレス(from)を追加したいと思っております。

同様の条件でtoのキューIDを抽出し、それを元にfromを抽出、
最終的には上記にfromが追加された状態で出力できればと考えております。

出力したい具体例は以下の通りです。

May 8 00:00:00,to@hogehoge.com,sent,,,from@example.com
May 8 00:01:00,to@hogehoge.com,bounced,550,DATA,from@example.com
May 8 00:02:00,to@hogehoge.com,bounced,550,RCPT,from@example.com

以上、何卒よろしくお願いいたします。

  • 1
    以前の質問はあくまで「指定期間内のログを抽出」だけだと思うので、「ログからCSVファイルの出力」を行っている部分のコードを追記してもらった方がよさそうです。 – cubick 18年5月8日 2:48
  • ご指摘ありがとうございます。「ログからCSVファイルの出力」のコードを追記しました。よろしくお願いします。 – tinanazero7 18年5月8日 12:51
  • 1
    サンプルデータの提供は可能でしょうか。 – ksaito 18年5月10日 2:53
  • メールログを抜粋して追記しました。よろしくお願いいたします。 – tinanazero7 18年5月10日 13:35
2

基本的にはキューのIDをキーにして集計すればよいのですが、

  • キューと発信者は1対1だが、宛先は1対Nとなる
  • 相手先が400番台のエラーでメールを受け取らなかった場合、キューが長期間残存し、繰り返しログに出現する。
  • キューのIDは再利用される可能性がある

という事情があり、集計は割と大変です。それなりの言語でそれなりの長さのプログラムを作る必要があります。

  • 上記ご指摘いただきました内容を踏まえて自分でも試行錯誤していこうと思います。その途中でまた改めて質問させていただくこともあるかと思いますが、その際はよろしくお願いします。 – tinanazero7 18年5月14日 1:05

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする