2

Ubuntu16.04.4 LTSをMicrosoft Surface pro 3 で使用しています。
無線LANインターフェスをブリッジインタフェースに追加できません。
にある目的でカーネルを修正して.debパッケージを作成しようとしています。

まずは修正せずにパッケージをビルドしてインストール - ブートできるかを確認します

$ apt source linux-image-4.13.0-38-generic
$ dpkg-buildpackage -B

これでカーネルイメージのパッケージが作成されました。
つづいてパッケージをインストールします。

$ sudo dpkg -i linux-image-4.13.0-38-generic_4.13.0-38.43~16.04.1_amd64.deb

インストールも無事成功し、ブートしましたがセキュアブートに阻まれてブートできませんでした。
セキュアブートを無効にすればブートするでしょうが、Surfaceはセキュアブートを無効にすると
真っ赤なパワーオンロゴを出すといういじわるをするのでセキュアブートは有効なままでブートしたいです。

ビルドしたカーネルをセキュアブートでブートするためには
手順として、署名をする必要がありそうなことは想像つきます。
おそらく想像するに
 1.証明書と秘密鍵を自前で生成
 2.署名する(おそらく *.koも)
 3.証明書をUEFIにインストールする
という手順が必要かと考えています。

しかし具体的にどういう操作をすればいいのか見当もつきません。
ダウンロードしたソースのどこかに証明書と秘密鍵を置けば勝手にしてくれるのか…
想像している手順を自前でしなくてなならないのか…

ちなみに、surfaceにubuntuをインストールしてVirtualBoxでゲストOS:Windows10を起動する
といういびつな使い方をしています。
VirtualBoxのドライバをmodprobeする際もセキュアブートに阻まれて
https://askubuntu.com/a/900121
を参考に無事セキュアブートでもmodprobeできたという経験はあります。

質問:
ビルドしたカーネルをセキュアブートでブートできるようにするにはどういう操作をすればよいのでしょうか?

1

https://wiki.archlinux.jp/index.php/%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%88

↑これは archlinux 用の wiki ですが、参考になると思います。

「手動でダウンロード」の link から、署名済みの PreLoader.efi と HashTool.efi をダウンロードできます。

  • PreLoader は署名されているので、これは secure boot で起動できる。
  • PreLoader は boot loader (systemd-boot や grub 等) を読み込んで起動する。
  • boot loader は kernel image を読み込んで起動する。

という流れで、もし途中で security error が発生した場合は、その場で署名済み HashTool が起動し、ユーザがその場でファイル名を指定して enroll することができます。enroll すればそのバイナリは起動できます。また、*.ko の読み込みについては、既に secure boot とは無関係の処理ですので、何もすることなく読み込んでくれます。

私はこの方法を使っていますが、
この流れでは、kernel image を作った時に署名するのでなく、boot 時に enroll していますので、kernel image を作った後 enroll するまでに改竄されることに対しては無力です。

secure boot に対応したい理由が、

Surfaceはセキュアブートを無効にすると真っ赤なパワーオンロゴを出すといういじわるをするので

なので、上記方法で問題ないと思いますが、もしそうではなく、やはり自前で署名したいということであれば、
上記のページに「自分で署名した鍵を使う」という項目があり、
この方法を使えば、作った kernel image にすぐに署名できるのだと思いますが、
私はやったことがないので詳細は知りません。

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする