0

タイトルの通りですが、 Rails 5 + Puma の構成で、 Capistrano でデプロイすると、たまに(5〜10回に1回くらい) puma がうまく再起動してくれません。

主な利用バージョンは下記の通りです。

  • Ruby: 2.4.2
  • Ruby on Rails: 5.0.6
  • Puma: 3.11.2
  • Capistrano: 3.10.1
  • capistrano-puma: 3.1.1

Capistrano での Puma の再起動には capistrano-puma を利用しています。

Capistrano 上では Puma の再起動は特に問題なく成功していても、実際にプロセスを確認してみると、プロセスが中途半端に残っていて Puma が正常に動作しない状態になっていることがあります。

体感的にですが、デプロイの 5 〜 10 回に 1 回くらいの頻度です。

Puma が正常に動作していないときのプロセスを確認すると下記のような状態になっています。

$ ps aux | grep puma
username      4159  0.0  0.0 112660   976 pts/0    R+   19:33   0:00 grep --color=auto puma
username      6441  0.0  0.1 214900 18304 ?        Sl   14:07   0:00 puma 3.11.2 (tcp://0.0.0.0:9292) [20180404xxxxxx]
username     18189  1.5  9.5 4131544 1569796 ?     Sl   15:01   4:16 puma: cluster worker 6: 6441 [20180404xxxxxx]

Puma の workers は 8 に設定しているので、親のプロセスが 1 つと worker が 0 から 7 まである状態が期待する状態なのですが、上記のように中途半端に worker が残っている状態になっています。

そこでお伺いしたのですが、

  • 何か Puma や Capistrano の設定でこの症状を改善することができますか?
  • こういう動作はある程度仕方がない(仕様として諦めて受け入れる)ものなのでしょうか?
  • こういうことが発生する前提で、何か対策を行なっている方はいらっしゃいますでしょうか?

ちなみに、この症状が発生するプロジェクトでは、 NewRelic で Puma のプロセス数を監視していて、設定値以下になった場合に Slack に通知されるので、 SSH ログインして、中途半端に残っているプロセスを kill して、 Capistrano から Puma を再起動する、ということを行なっています。(この対応がまぁまぁめんどくさいです...。)

回答

回答を投稿をクリックすることで、当社の最新の利用規約プライバシーポリシー及びクッキーポリシーに同意したものとみなし、これらは今後のサイト利用の際にも対象となります。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする