1

環境
・CentOS7
・yumでインストールしたPHP7.0


質問
・7.1へアップグレードするには?


案1.yum update php --enablerepo=remi-php71
・上記は何をするコマンド?
・php71のリポジトリを指定してyum updateするので、PHP7.1へアップグレードされる?

案2.yum install --enablerepo=remi-php71 php
・PHP7.0が動作している状態で、php71のリポジトリを指定してインストールしたら、PHP7.1へアップグレードされる?

案3.yum remove php-*した後、案2
・最初に既存のPHPは削除が必要ですか?

| この質問を改善する | |
  • ここが、参考になるかと、 qiita.com/bezeklik/items/860ba080bf4c664cd8e9 – yyz 18年3月15日 5:38
  • 既存のphp-7.0はどのリポジトリからインストールしたものでしょうか(標準リポジトリはphp-5.4のはず)。 – cubick 18年3月15日 6:11
  • @cubik。remiリポジトリからインストールしました「--enablerepo=remi-php70」 – re9 18年3月16日 3:02
2

以下はCentOS 6で確認した結果です。

baseリポジトリ、もしくはremi-php70リポジトリからphpを既にインストールした状態で
yum --enablerepo=remi-php71 install phpを実行した場合には、既存のパッケージを置き換える形で
上書きインストールされました(installの代わりにupgrade指定でも同様)。
事前の削除は特に必要ないと思います。
-yオプションを使わない限り、インストール・アップグレード前に簡単なサマリーが表示されるので何が起きるのかは事前に確認ができるかと。

--enablerepoオプションは/etc/yum.repo.d/*.repoで普段無効にされているリポジトリをコマンドラインから一時的に有効にするオプションです。man yumでオプションを確認しましょう。

| この回答を改善する | |
  • 確認いただきありがとうございました。大変参考になりました – re9 18年3月18日 1:46

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする