0

CloudFormationでlambdaのファンクションを追加するためのリソースを作りたいと考えています。

聞きたい事

cloudFormationのテンプレートで、lambdaに必要な作業を1つのテンプレートにまとめて書くことはできませんか?

状況

CloudFormationの「AWS::Lambda::Function」で使うソースを指定する場合は、次の方法があります。

  1. s3バケットにソースをアップして、Code属性にそのバケットの情報を追記する
  2. CloudFormtaionに直接スクリプトを書いてしまう。

今回は、jsのライブラリを組み合わせて使うので、前者の方法で実装します。
この場合、バケット作成->lambdaのアップロード->スタック作成の順番で実施する必要があります。
私の調べる限り、CloudFormationでは、この3つの作業を1つのテンプレートに入れることは出来なさそうです。

aws cloudformation packageで、s3のパスを指定した状態のテンプレートを生成(コンパイル?)する事ができる様ですが、バケットの作成までは自動化出来ないです。

テンプレート化したい一連の作業の詳細

下記の作業をCloudFormationのテンプレートに書いて、実行時に全て実行する。

  • 任意のS3バケットを作成する
  • 作成したS3バケットに対してLambdaのソースコードをアップロードする
  • CloudFormationのテンプレートのCodeプロパティに上記の情報を適用する。
    具体的にはResouceのPropertiesに下記を追加したいです。

    "Code": {
        "S3Bucket": <1.で作成したbucket名>,
        "S3Key": "<2.でアップロードしたファイル名>"
    }
    

イメージ

構成イメージ

1

SAMとaws cloudformation packageを使うのが良いと思います。

例えば、下記のtemplate.yamlCodeUriのようにファイルのパスを指定します。

$ grep Uri template.yaml
      CodeUri: LambdaFunctionOverHttps.py
$ ls LambdaFunctionOverHttps.py 
LambdaFunctionOverHttps.py
$

aws cloudformation packagetemplate.yamlとS3バケットを指定すると、

  1. lambda関数をS3バケットにアップロード
  2. template.yamlCodeUriをS3バケットにアップロードしたS3パスに修正したcloudformationのテンプレートを出力

してくれます。

$ aws cloudformation package --template template.yaml --s3-bucket lambda-zipfile > packaged-template.yaml
$ grep CodeUri packaged-template.yaml 
      CodeUri: s3://lambda-zipfile/7a1fd29b27ea23ac1cc381189182062b
$ aws s3 ls s3://lambda-zipfile/7a1fd29b27ea23ac1cc381189182062b
2018-04-19 19:17:19        640 7a1fd29b27ea23ac1cc381189182062b

出力されたテンプレートをaws cloudformation deployすればlambda関数が作成されます。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする