0

直交回帰直線から残差平方和を求めたいです。
deviance(lm( d[,1] ~ d[,2] ))で線形回帰の残差平方和は求められるようなのですが、直交回帰の場合はどのように求めればよいでしょうか?

直交回帰直線は以下のように求めました。

r <- prcomp( ~ d[,1] + d[,2] )
slope <- r$rotation[2,1]/r$rotation[1,1]
intercept <- r$center[2] - slope * r$center[1]
0
install.packages('deming')
library(deming)


fit <- deming(d[,1] ~ d[,2])
fit$residuals

回答

回答を投稿をクリックすることで、当社の最新の利用規約プライバシーポリシー及びクッキーポリシーに同意したものとみなし、これらは今後のサイト利用の際にも対象となります。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする