0

環境
CentOS リリース 6.8
contrib...yumでインストールしたが、pgsqlの中にcontribというフォルダが作成されない。
psqlコマンドを打つと、psql (8.4.xx, サーバ 9.1.xx)と出てくる。
postgresqlのバージョンはおそらく9.1?

言い忘れてましたが、データベースクラスタを2つ作成して、postgresを2つ使えるようにしています。portを変更して

postgresqlでhstoreを使用したいと思っています。
yumでhstore.controlが入っていると思われる、yum install postgresql-contrib.x86_64を入れました。
再度hstore型を有効する為に、
CREATE EXTENSION hstore;をしても
ERROR: could not open extension control file "/path/extension/hstore.control": ENOENT
と言われて、ファイルがありませんと言われます。

実際にファイルを確認したら、ありませんでした。
ご指導お願いします。

どこか足りない所がありますか?
hstoreのデータがないように見えます・・・
インストールは上手くいったようなのに・・・

================================================
結果
結果ですが、psqlのバージョンが8.4から9.1にしたようでその9.1のデータがのパスが違ったようでした。
前のpsqlを削除して、その後にhstore型をインストール出来てうまく動いて、問題なくhstore型が動くようになり、万事解決しました。
皆さんありがとうございました。

  • OSはなんんでしょうか。本体とcontribのインストール元のリポジトリはそれぞれどこでしょうか。8.4.20というのは何のバージョンですか?質問を編集して詳細を追記してください – suzukis 17年10月23日 12:10
1

CentOS6.8であれば、CentOSのyumリポジトリからインストールされるPostgreSQL(contrib含む)のバージョンは8.4.20になると思います。
9.1.xは別の方法でインストールされたと予想しますので、postgresql-contribも同様の方法でインストールすることでhstoreEXTENSIONが利用可能になると思います。

PostgreSQLのyumリポジトリからインストールしたのであれば、postgresql91-contribとバージョン名つきのRPM名になっていると思います。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする