1

AWSのSESを用いてRailsアプリケーションから一斉メール配信をしていますが、
週に5,6件のバウンス(メール不達)が発生しており、バウンスの検知はできております。

現状ではGmailアカウントから対象のバウンスメールに個別送信すると問題なく送信できるため、これまではそのような手動オペレーションをしておりました。

ただ、毎度手動でおこなうのは大変なため、SESからバウンスメールを解除し、送信できるようにしたいです。

以下のケースにおいて、対策を打ちたいと思っております。

  1. 過去バウンスメールに引っかかったメールアドレス
  2. 今後バウンスメールに引っかかった場合のメールアドレス

質問1
こういったことは可能でしょうか?

質問2
また、過去のバウンスメールに引っかかったメールアドレスの傾向を把握したいと思っており、
バウンスメール一覧のようなものをAWSのCLIを使って取得できないかと思い、AWSのドキュメントを漁ってますが、見当たりません。バウンスメール一覧を取得することは可能でしょうか?

質問3
webアプリケーション側のメールのログに status=bounced と共に、次のようなドメインが含まれていたため、Outlookが起因する可能性が高いのでしょうか?
xxxx.mail.protection.outlook.com

以上宜しくお願い致します。

  • より広く回答を募るため、こちらにも投稿しております。teratail.com/questions/96054 – zyosh 17年10月13日 9:26
  • 「バウンスの検知」はどのように行ってますか? – take88 17年10月16日 7:45
1

(質問1)
バウンスとなった理由によりけりだと思いますが、
ハードバウンス(宛先不明、メールアドレス間違い、拒否されてるなど)の場合は、原因を取り除くことは難しいので、二度と送信しないのが良いと思います。
ソフトバウンスの場合は、一定期間時間を空けて再送信するとうまくいくこともあります。
Gmailで送信できるなら、バウンス通知をトリガーに ソフトバウンスの場合は Gmailで送信するプログラムを作れば自動化できる・・・ような気がします。

(質問2)
過去の分は取り出せません。
今後のバウンス通知のデータを貯めるしかないと思います。

(質問3)
バウンス通知の bounceType bounceSubType bouncedRecipients 辺りリをご覧いただくと何か理由が書いているかもしれません。
ご 参考Amazon SES の Amazon SNS 通知のコンテンツ - Amazon Simple Email Service

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする