0

この画像の部分の説明では変数にnilが代入されているときに「!」をつけると命令が実行されるタイミングでクラッシュすると書いてあります。(https://i.stack.imgur.com/PwDZ8.jpg)!
しかし次のページのこちらの画像ではコードに「!」がついてるのに、変数にnilを代入すると書いてあります。どういうことでしょうか?(https://i.stack.imgur.com/emKQk.jpg)

1

クラッシュするのは実行したときにnilの変数を!で強制アンラップしたときなので、!で強制アンラップする前にnilではない値がセットされることが確実なら問題ありません。

このViewControllerはStoryboardによってインスタンス化されることが前提になっています。StoryboardがViewControllerをインスタンス化するときに、@IBOutletを指定して、かつStoryboard上のUIコンポーネントを接続したプロパティはStoryboardによって自動的にプロパティのインスタンスが作られ(例の場合はUILabel)ViewControllerのプロパティに代入されます。

つまり、ViewControllerのインスタンス化と@IBOutletのプロパティの代入は同時には行えません。どうしてもViewControllerを先にインスタンス化することになります。

このようにViewControllerをインスタンス化してから@IBOutletのプロパティが代入されるまでには時間のずれがあり、その間はこのlabelプロパティにはnilが設定されているということです。nilがセットされていることがほんの一瞬ですがあるために、このプロパティはOptionalにしなければなりません。

実際はViewControllerが使えるようになるまでにはlabelプロパティにはStoryboardによってインスタンスが代入されているので、実行時にはこのプロパティがnilになることはない、と保証できるので!を使って強制アンラップしても、実行時にはnilではないので問題ないということです。

(本来はOptionalや!を使わなくても良い仕組みである方が望ましいのですが、Storyboardや@IBOutletの仕組みはSwiftの登場以前からあるものなので、Swiftの言語仕様との兼ね合いで仕方なくこのようになっています)

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする