0

 いつもお世話になっております。
QTextBlockUserDataについてお聞きしたいのですが、
割注と、縦中横の実現をしてみたいな~と思っています。
PySideのText系のクラスで、最後に怪しいと思っている
もので、これが自在に操れるようになればいいな~と思
っています。
 Programming Talk-QTextBlockUserData
カスタム系では珍しくサンプルコードなどがある分野です。
 QTextBlockで、独自のユーザー定義のブロックをセット
できるようです。
 QTextBlock setUserData
ここに書いてある具体例は、仮に私がプログラミングエディタを
作成している場合、統合された開発環境をセットするべく、デバッガ
をセットしたいとき、その行(ブロック)を、ブレークポイントにする
という独自の設定を行い、セットできるという話のようです。
 つまり、コンピューターが、そのブロックはブレークポイントだ、
と判定できるようにするという、確かに他の要素にはない独自の判断要素
をセットできるようです。(ブール型でもできそうな気がする?)
 以前の質問より、割注や縦中横を実装したいと思っていますが、これらは
どちらも、QTextBlockに関係した物だろうと思います。
 ここで、独自のブロックを作成すれば、割注や縦中横を実装できないかな
と思っています。
 現在、このブロックは、特殊な判定をプログラムに行わせるものなのだな。
という程度で、ブロックのいわば、ブール系の要素を行うためのもので、
ブロックそのものの態様(1本のラインで2行分とか、縦書きとか)を変える事
ができるものだとはなんとなく思っていません。少し手ほどきをしていただけま
せんか。お願いします。
 

1

ブロックの考え方等、QTextDocumentのデータ(コンテンツ)構造はRich Text Document Structureの文書が参考になると思います。

ここには、QTextBlockは(文字通り)テキストの1ブロックを表すもの、とあります。
「ブロック」の単位をどう定義するかは実装者(プログラマ)次第なので、「割中」や「縦中横」の部分を「ブロック」とするならば、その付加情報としてQTextBlockUserDataを紐付けるのは有効な考え方と思います。(QTextBlockUserDataQTextBlockに対し1:1の情報であるので)

なお、QTextBlockUserDataは何もメソッドを持たないクラス(インターフェース)なので、QTextBlockに自動的に作用する要素はないようです。適切なサブクラスを定義し、アプリケーションが付加情報の読み書きをする必要があるようです。

  • そうおっしゃられると、心強いです。とりあえず、どんなコードにすればいいのかまだわからないので、サンプルコードを直輸入して、反応を確かめていきたいと思います。 – Haru 17年9月30日 8:04
  • すいません。ちょっと確認したいのですが、「QTextBlockUserDataは、何もメソッドを持たないインターフェースなので、QTextBlockに自動的に作用する要素はないようです。」とあります。つまり、QTextBlockUserDataは、インターフェース同様、それ自体が実体となるものではなく、橋渡し的な役割をするものだ。とりあえず最初は、データ(メソッド処理)格納庫みたいなもので、実際は、それをQTextBlock.setUserData()で、セットした後、自動的に作用するのではなく、改めて手動でメソッドを置いたり、データを取り出したりして、ガチャガチャとQTextBlockなどにその内容を及ぼす必要があるということですね?それが、「アプリケーションが付加情報の読み書きをする必要がある」ということですね。?恥ずかしいことに、サンプルコード見ても、こりゃ何をしてるんだよくわからんというのが素直な感想でした。 – Haru 17年10月2日 0:21
  • Haruさんのコメントのとおりの意図の回答です。ちなみに、QTextBlockUserDataを使っている既存実装にはQSyntaxHilighterがありますが、そのドキュメントにも同様のことが書いてあります。 – user20098 17年10月4日 21:21
  • 使い方に関しての質問なので、上の答えがベストだと思いますので、これで締めます。ありがとうございました。 – Haru 17年10月5日 0:37

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする