1

以下のC言語のコードをアセンブリ言語に変換したいのですが、なぜ算術右シフトをする際に %cl となるのかどなたか教えていただけないでしょうか

C言語版

void shift(int x, int y){
    x <<= 2;
    x >>= y;
    return x;
}

アセンブリ言語版(xは%ebp+8、yは$ebp+12に格納されているとする)

movl 8(%ebp), %eax
shll $2, %eax
movl 12(%ebp), %ecx
sarl %cl, %eax /*ここで%ecx, %eaxでは駄目なのか?*/
4

Intel® 64 and IA-32 Architectures Software Developer’s Manual、Volume 2B: Instruction Set Reference, M-U 582ページにて

The count operand can be an immediate value or the CL register.

と説明されているように、コンパイル時に決定される即値か、実行時に動的に決定するのであればCLレジスターを使用する仕様です。

具体的には32bit SAL命令は

SAL r/m32, 1     ; 1bitシフト
SAL r/m32, imm8  ; 固定シフト
SAL r/m32, CL    ; 動的シフト

の3形式です。


SALに限らずx86命令では使用できるレジスターが指定されている命令が所々にあります。
汎用レジスターは対等と思われるかもしれませんが、各レジスターにはそれぞれの役割があり、CLレジスターはカウンターだったりします。シフトカウントだけでなくループカウントなど別の命令でもカウンターとして使われています。

  • ご回答ありがとうございます! 調べてみるととりわけシフト回数は0-31回までなのでCLレジスタの下位5ビットの値を見るんですね – ybn 17年10月9日 21:38

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする