7

Raspberry Piでrc.localと間違えて.profileの末尾にexit 0と記載し再起動したところ、ログインしてもすぐに再びログイン画面に戻ってしまう無限ループ状態になってしまったのですが、元の状態に戻す手立てはないのでしょうか。

8

とりあえず、思い付いた方法を3つ。

別のマシンで .profile を編集する

Raspberry Pi で使用している SD カードの Linux のパーテーションをマウントできるマシンを用意します。
そのマシンに SD カードを接続し、問題の .profile を編集します。
(必ずしも別のマシンでなくとも、問題の物とは別のストレージからブートすれば当該のRaspberry Pi で構いません)

シングルユーザーモードで起動する

Linux での一般的なリカバリー方法です。
まず、シングルユーザーモードで起動し、修正対象のパーテーションを書き込み可でマウントして作業をするのが流れです。
シングルユーザーモードで起動する方法は使用しているブートローダーによって変わります。

Raspberry Pi の場合は、SD カードのブート用のパーテーション(このパーテーションだけは FAT系になっており、Windows などでも編集が可能になっています)にある cmdline.txt を編集し、カーネルの起動パラメーターに init=/bin/sh を加える方法が一般的なようです。

参考:
http://www.programming-knowledge.com/Raspberry_Pi_and_Linux_Tips
http://denki.nara-edu.ac.jp/~yabu/soft/pi.html#50

SSH 経由で作業する

ssh でログインできる設定が済んでいれば、いくつか方法があります。
例えば、

# .profile の読み込みを抑止する
# -t オプションを付けると疑似端末が割り当てられ、画面を制御するコマンドも正常に動くようになるようです
# (metropolis さんのコメント参照)
ssh USER@HOST -t 'bash --noprofile'

# 手元の .profile で上書きする
scp ./.profile USER@HOST:~/.profile

などです。

  • 2
    ssh USER@HOST 'bash --noprofile' についてですが、ssh に -t オプション(force pseudo-terminal allocation)を付ければプロンプトが表示される様になります。おそらく、vi などによる編集作業も通常通りできるかと。 – metropolis 17年9月7日 7:14

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする