0

 PrintPreviewの導入に成功し、プリントのプレビュー表示を
 早速出してみました。
 プレビューを表示するためのコードです。
 読んでもらえたら結構勉強になるかもしれ
 ません。
 プレビューを表示するためにどうすればい
 いのか考えあぐねていたら、ここを読んでみて
 ピンと来た気がします。毎度長文で申し訳あり
 ません。
 Print A Text Through A Printer Using PyQt4

     printer = QtGui.QPrinter()
        printer.setDocName(self.windowTitle())
        printer.setPageSize(QtGui.QPrinter.A4)        
        printer.setOutputFormat(QtGui.QPrinter.NativeFormat)
        printer.setOrientation(QtGui.QPrinter.Portrait)
        printer.setResolution(QtGui.QPrinter.HighResolution)
        printer.setCopyCount(self.printer_pagecountspinbox.value())
        #ここで、ドキュメントに設定してある余白を、プリンターにもセットしてしまうと、二重に計上されるバグ?そのため、コメント化を行って、回避。
#        printer.setPageMargins(self.main_menubar_layout_document_left_margin_spinbox.value(),self.main_menubar_layout_document_top_margin_spinbox.value(),\
#                                                self.main_menubar_layout_document_right_margin_spinbox.value(),self.main_menubar_layout_document_bottom_margin_spinbox.value(),\
#                                                QtGui.QPrinter.Millimeter)
        if self.main_view.textediter.document().documentLayout().pageCount() == 1:
            #なぜか、一ページ目の白紙ドキュメントは、サイズがQtCore.QSizeF(797,-1)となり、正常に1ページ目を表示してくれないため、再認識修正(コンストラクタで本当はやってるんだけど反映されない。ここは、B5やB4等を増やしたときに拡張する予定)
            self.main_view.textediter.document().setPageSize(QtCore.QSizeF(797,1123))
        self.print_preview_widget = QtGui.QPrintPreviewDialog(printer,self) 
            #showMaximized()を使い、全体表示をすれば、何も映らなくなる。なぜかわからないバグ。            
        self.print_preview_widget.setGeometry(150,150,1500,1500)
            #ここがミソ。コールしない。コールすると打ち出しを始めてしまったりする C++と表記が異なる点。QPrinter* つまり、ポインタを渡せという事。純粋Pythonerには少しハードルが高かった。
            #今までもコールでprinterをセットしていたかもしれない。忘れたころにまたやってしまう失敗。
            #残念ながら、self.main_view.textediter.document().print_とした場合、Failed to connect signal エラーが発生、これでもよくないかと考えてしまう。
        self.print_preview_widget.paintRequested.connect(self.main_view.textediter.print_)
        self.print_preview_widget.exec_()  

具体的な問題
  既にページネーションが行われているので、ページ間の
 余白は意識することなくQTextEditの編集中の状態をその
 まま、プレビューに表示できるようになりました。
 もちろんプリントもできます。
 しかし、QTextObjectInterfaceによるカスタムオブジ
 ェクトが、正確に表示されません。
 QTextObjectInterface内のpainterメソッドは、下記の
 コードかこちらを参照
 QTextObjectInterfaceの導入方法について
 ちょうどカスタムオブジェクトが描かれているべきところに、
 灰のつぶのような小さな点が見えたので、もしやと思い、拡
 大ボタンを押して、1500%くらいまで 拡大してみました。
 すると、豆粒から見ても豆粒のような、灰カスのような文字が、
 大きさはともかくとして、正確に表示されていました。
 空白であるにせよ、そこに文字が入り込むだけのスペース
 が空いています。その空白の左はじに、灰粕のように、黒い粉
 がついています。painterのフォントサイズだけ1以下にされて
 しまったような外観です。

 つまり、QTextEdit中には通常の表示がなされているはずのカス
 タム オブジェクトが、プレビュー画面で表示したときは、どん
 なにFontをいじっても、蟻よりも小さくなっています。
  もちろん、そのままプリントしても、その通りの文字でした。
  さすがプレビューとは言えない状況でした。
 私のエディタは、Wordソフトのように、ページネーションが行わ
 れているので、QTextDocument or QTextEdit.print_()
利用すれば、そのまま表示してくれます。
  私は、あくまでもこの方法でプリントしたいと思っています。
 便利なプリントメソッド~ページネーション時にはこれ。
  カスタムオブジェクトを、プリント時に改めて挿入すればよい
とも思いましたが、一応レンダリングはなされている以上、小さ
な黒い点+挿入文字で、正確な表記ではなくなります。また、上
記のメソッドを使えば、painterでごちゃごちゃ書かなくてもい
いので、非常に楽なのです。特にTextBlockがページ間でまた
 がった場合の処理が不要になるので、一番楽です。
 小さいながらも、文字が載っているということは、必ず、この文
字を正常な状態で載せる方法もあると思っています。しかしその
手がかりが今のところ全くつかめません。
 CustomTextObjectを作れる仕組みがありながら、セーブ&ロード、
プリントの手段については、リファレンスに載っていないのは、案
外簡単な方法があるんじゃないかと考えています。じゃないと作っ
てもアプリを消せばすべておじゃんになるから、絵にかいた餅もい
いところだと思うからです。
そして、こちらが、自分なりのルビ表示機能のコードです。実際ま
だルビは汚いです。
 

class RubyTextObjectInterface(QtGui.QPyTextObject):
    def __init__(self,parent=None):
        super(RubyTextObjectInterface, self).__init__(parent=None)        

    def intrinsicSize(self,doc, posInDocument, format):  
        try:                     
            #ここのformatはQTextFormat
            #ここに、docを引数として通すと、後の処理で原因不明のエラーが発生 format_tc = QtGui.QTextCursor(doc)は、エラーになる。
            findblock = doc.findBlock(posInDocument)
            format_tc = QtGui.QTextCursor(findblock)
            format_tc_charFormat = format_tc.charFormat()
            format_charFormat = format.toCharFormat()
            format_charFormat.setFont(format_tc_charFormat.font())
            rubysize = format.property(4)
            offset = format.property(5)            
            size = QtCore.QSize(len(format.property(1))*format_charFormat.font().pointSize()+(len(format.property(2))-1)*rubysize,format_charFormat.font().pointSize()+rubysize+offset+2)
            return size
        except Exception as e:
            print(33,e)                        
    def drawObject(self,painter,rect,doc,posInDocument,format):

        try:
            #そもそものviewportを取得してみた。結果は(0,0,796,1131)
#            print(102,painter.viewport())
#            painter.setViewport(int(doc.rootFrame().frameFormat().leftMargin()),int(doc.rootFrame().frameFormat().topMargin()),int(doc.pageSize().width()),int(doc.pageSize().height()*doc.documentLayout().pageCount()))
            #formatのプロパティに現在位置を登録し、常に更新
            format.setProperty(3,posInDocument)            
            rubysize = format.property(4)
            offset = format.property(5)
            #ドキュメント上のテキストカーソルを取得            
            format_tc = QtGui.QTextCursor(doc)
            #拡張書式のある場所へ移動
            format_tc.setPosition(posInDocument)
            #現在カーソルがある位置のcharFormat()を取得
            format_tc_charFormat = format_tc.charFormat()
            #formatをcharFormat化
            format_charFormat = format.toCharFormat()
            #ルビに現在のカーソル位置のフォントをセット
            format_charFormat.setFont(format_tc_charFormat.font())
            #rectは親文字のための位置情報なので、rubyはその上にレンダリングさせるように微調整
            ruby_rect = QtCore.QRectF(rect.x(),rect.y()-rubysize-offset,rect.width(),rubysize+offset)
            painter.setFont(format.property(7))
            painter.drawText(rect,format.property(1))
            painter.setFont(QtGui.QFont(format.property(8).rawName(),rubysize))
            painter.drawText(ruby_rect,format.property(6),format.property(2))

 ご存知の方や、こうすればどうかというお考えをお持ちの方は
 何でもいいのでお寄せください。よろしくお願いします。
 ~蛇足~
 カスタムテキストオブジェクトに当たっての導入必要な処理 進捗状況
 ①BoldやItalic,Underlineをダイナミックに適用する。         ×
 ②fontの変更、fontsizeの変更をダイナミックに適用する。       ×
 ③printoutとpreview表示を可能にする。 ×
④save&loadを可能にする。(強引に可能にしたが、もっと楽な方法が欲しい) △
 ⑤copy&pasteを可能にする。                     ×
 ①と②と⑤は、脳内でちょっと図が出来上がっていて、④は、もっ
 と楽な方法が欲しいです。これはまたおいおい質問していけれ
 ばいいなと思っています。
 すぐに試してみる事も可能なのですが、インターフェースの
 メソッドを、IntrinsicSizeとdrawObject以外に追加しても
 怒られませんよね?

  • 1
    再現コードがあると回答も得られやすくなると思いますが、再現コードを質問に追記することは可能でしょうか? – user20098 17年9月6日 9:26
  • 全くその通りであると思います。しかし、どのコードを載せればよいかなと考えてしまいました。問題が発生しているような発生していないような、カスタム化したオブジェクトさえ使わなければ、全き正常なのです。そこで、二つの重要なコードを載せたいと思います。ルビ文字コードとプレビューコードです。 – Haru 17年9月7日 4:56
1

直接実行できるコードではないので、気づく範囲の回答になりますが、
少なくともQPrinter.setResolution()の引数を間違えているように見えます。
このメソッドの引数は、具体的なDPIを指定することになっており、QPrinter.HighResolutionは指定しません。QPrinter.HighResolutionQPrinterのコンストラクタで指定します。(参考: QPrinterの文書)
あるいは、プレビューであればQPrintPreviewDialogのコンストラクタにQPrinterを指定しなくても十分と思います。

一方、QPrinter.HighResolutionQPrinterに指定する場合、1200DPIとして扱われるようなので、RubyTextObjectInterface.intrinsicSize()drawObject()内で描画物を「1200 ÷ 96」倍で描画すると、プレビュー画面で見えるようになると思います。

#「96」はQPrinter.ScreenResolutionを指定した際のDPI。

以上、参考になれば幸いです。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする