8

Gradle ベースの android プロジェクトで APT (annotation processor, JSR 269) を使いたいのですが どのように設定するのがお勧めでしょうか。

8

いくつか apt 用のプラグインが公開されています。

私は com.uphyca.gradle:gradle-android-apt-plugin:0.9.4 を使用しています。

以下のように組み込んでください。

トップレベルの build.gradle で次のようにプラグインをクラスパスに追加します。

buildscript {
    repositories {
        jcenter()
        // 以下の行を追加して maven central も見るようにする
        mavenCentral()
    }
    dependencies {
        classpath 'com.android.tools.build:gradle:1.0.0-rc1'
        // 次の行を追加
        classpath 'com.uphyca.gradle:gradle-android-apt-plugin:0.9.4'

        // NOTE: Do not place your application dependencies here; they belong
        // in the individual module build.gradle files
    }
}

allprojects {
    repositories {
        jcenter()
    }
}

また、アプリケーションやライブラリの build.gradle で、apt を使用する設定を行います。

apply plugin: 'com.android.application'
// 以下の行を追加(com.android.application よりも後に追加すること)
apply plugin: 'android-apt'

android {
    // (略)
}

dependencies {
    compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
    compile 'com.android.support:appcompat-v7:21.0.2'

    // アプリに組み込むライブラリは通常通り compile に、プロセッサは apt で指定します。
    compile "net.vvakame:jsonpullparser-core:1.6.2"
    apt "net.vvakame:jsonpullparser-apt:1.6.2"

}

アノテーションプロセッサによっては、-A で追加の情報を要求するものがあります。 たとえば、Android Annotations を使用する場合は AndroidManifest.xml のパスを 指定する必要があるので以下の様なコードを build.gradle の末尾に追加してください。

// アプリケーションプロジェクトの場合。ライブラリプロジェクトの場合は
// applicationVariants を libraryVariants に変えてください。
android.applicationVariants.all { variant ->
    variant.javaCompile.options.compilerArgs += [
            '-AandroidManifestFile=' + variant.outputs.get(0).processManifest.manifestOutputFile
    ]
}

android gradle plugin 0.14.2までは variant.outputs.get(0).processManifest.manifestOutputFile の部分を、 variant.processResources.manifestFile と記述してください。

ここで紹介した以外にも同様のプラグインがあるのでリンクだけ載せておきます。

https://bitbucket.org/hvisser/android-apt

1

AndroidAnnotationsをAPTで適用するapp/build.gradleの記述が下記になります。

apt 'org.androidannotations:androidannotations:3.2'
compile 'org.androidannotations:androidannotations-api:3.2'

のあたりは利用するものに応じて書き換えてください。

buildscript {
    repositories {
        mavenCentral()
    }
    dependencies {
        classpath 'com.android.tools.build:gradle:0.14.4'
        classpath 'com.neenbedankt.gradle.plugins:android-apt:1.+'
    }
}

repositories {
    mavenCentral()
    mavenLocal()
}

apply plugin: "com.android.application"
apply plugin: 'android-apt'

dependencies {
    apt 'org.androidannotations:androidannotations:3.2'
    compile 'org.androidannotations:androidannotations-api:3.2'
    compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])

    // その他のライブラリー
}

apt {
    arguments {
        androidManifestFile variant.outputs[0].processResources.manifestFile
        resourcePackageName android.defaultConfig.applicationId

        // 追加のアノテーションプロセッシングオプションを下記のように指定可能
        // logLevel 'INFO'
        // logFile '/var/log/aa.log'
    }
}

android {
    compileSdkVersion 21
    buildToolsVersion "21.1.1"

    defaultConfig {
        applicationId "アプリケーションID" // アプリケーションに応じて書き換える
        minSdkVersion 14
        targetSdkVersion 21
        versionCode 1
        versionName "1.0"
    }

    compileOptions {
        sourceCompatibility JavaVersion.VERSION_1_7
        targetCompatibility JavaVersion.VERSION_1_7
    }

    buildTypes {
        release {
            minifyEnabled false
            proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.pro'
        }
    }

    sourceSets {
        main {
            java.srcDirs = ['src/main/java', 'build/generated/source/apt/${variant.dirName}']
        }
    }
}
1

「android apt」でぐぐるとこのエントリーが上位にくるので、最近(2016年10月末)の情報を追記しておきます。

'com.neenbedankt.gradle.plugins:android-apt:1.8'
のリポジトリに記載がありますが、gradle pluginのバージョン2.2で正式にアノテーションプロセッサーが導入され、追加のライブラリを入れることなくaptが使用できるようになりました。

app配下のbuild.gradleに記述するときは、次のようにannotationProcessorで指定します。

dependencies {
    // 中略
    annotationProcessor 'com.jakewharton:butterknife-compiler:8.4.0'
}

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする