0

現在、Windows Server2012で業務アプリケーション(VB.NETで作成)を稼働させております。
その、開発環境としてWindows10(x64)のクライアントにOracle 12cの64bit版(データベースおよびクライアント)をインストールし、VisualStudio2015のVB.NETでアプリケーションの保守および新規アプリケーションの開発(クライアント環境において動作確認を行う)を行っております。

今回、上記クライアントに32bit版のOracleクライアントで実行されるアプリケーションを導入することになりました。
oracleクライアントの64bit版と32bit版との共存は可能でしょうか。
もし、可能であれば、その方法をご教授願えないでしょうか。

1

マニュアルに記載されてますが、My Oracle Supportでノート1243374.1および781432.1を参照してください。

Oracle Database Clientのインストール前の作業

2.6.3 64ビット・プラットフォーム用の独立した32ビット・クライアント・ソフトウェア

Oracle Database 11gリリース2(11.2)以降では、64ビット・クライアント・ソフトウェアに32ビット・クライアント・バイナリは含まれません。64ビット・プラットフォーム上で32ビット・クライアント・バイナリが必要な場合は、それぞれの32ビット・クライアント・ソフトウェアから、32ビット・バイナリをインストールできます。

32ビット・クライアントのバイナリを64ビット・プラットフォームにインストールする際、インストーラにより既存の32ビット・ソフトウェアの確認が行われます。

関連項目:
32ビットと64ビットのOracle Database Clientソフトウェアの両方を同じシステムにインストールする場合は、My Oracle Supportで次のノート1243374.1および781432.1を参照してください。

https://support.oracle.com/CSP/main/article?cmd=show&type=NOT&id=1243374.1
https://support.oracle.com/CSP/main/article?cmd=show&type=NOT&id=781432.1

1

できますよ。
Oracleのホームページのどっかにも書いてあると思うんですが、Oracleベース・ディレクトリを分けてやることで実現できます。

ただ、32bit版のdownload pathとかなかなか見つからなかったような記憶がありますね...
また、登録されるassembly versionが32bitと64bitで異なってもまともに動かなかったような記憶があります。versionによっては32bit版が提供されてなかったりもします。
32bit版クライアントのversion指定が無く、かつ64bit版とversionを揃えたclientがあり、なおかつそのversionで新規に導入されるアプリケーションが動作するという前提ですが...

先に書いたようにOracleベースディレクトリ(インストールパスのc:\app\に続くdir名)を分けてやることで共存は実現できたと思います。


少し前の環境での備忘録ですが参考までに...
https://www21.atwiki.jp/ohden/pages/726.html

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする