0

https://access.redhat.com/documentation/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Linux/7/html/System_Administrators_Guide/sect-Managing_Services_with_systemd-Unit_Files.html

上記ページ中の「例9.17 postfix.service ユニットファイル」に以下のような記載があります。

EnvironmentFile=-/etc/sysconfig/network
ExecStartPre=-/usr/libexec/postfix/aliasesdb
ExecStartPre=-/usr/libexec/postfix/chroot-update

先頭のハイフンが意味する事が不明です。
systemdのユニットファイルの形式でしょうか?
それともLinuxコマンドの文法的に意味を持った内容でしょうか?

  • 2
    Understanding Systemd Units and Unit Files によると、ExecStartPre の場合は they can be preceded by "-" to indicate that the failure of the command will be tolerated. との事です。 – metropolis 17年6月28日 3:21
  • 2
    EnvironmentFile については systemd.exec(5) に、optionally prefixed with "-", which indicates that if the file does not exist, it will not be read and no error or warning message is logged. と記載されています。 – metropolis 17年6月28日 3:25
  • なるほど。"-"という内容で上手く検索できず、情報にたどり着けませんでした。ありがとうございます。 – user24070 17年6月28日 4:18
  • @metropolis 回答を投稿される予定はありますか? – mjy 17年6月28日 5:04

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする