1

以下のコードのようにAtomicBooleanというクラスがありますがこれは「Boolean flg = true;」というものとどう違い、どう使い分けるのでしょうか。

AtomicInteger count = new AtomicInteger();
AtomicBoolean flg =new AtomicBoolean();
flg.set(true);
System.out.println(count.get());
System.out.println(flg.get());
  • 2
    これを読むといいかも。 – BLUEPIXY 17年6月17日 16:06
1

簡単に言えば AtomicBoolean=「複数スレッドから安全に同時アクセスできるboolean型」です。質問中コードのように単一スレッドからしかアクセスしない場合には、ソースコード記述が面倒になるだけで、全くメリットがありません。

スレッドセーフの観点から、3種類の選択肢があります:

  • boolean型:複数スレッドから安全に同時アクセスすることはできません。マルチスレッド処理中から安全にアクセスするにはsynchronized文などで排他制御が必要です。Booleanクラスは、このプリミティブ型booleanに対応します。
  • volatile boolean型:単純な代入と値の読取りに限定して、複数スレッドから安全にアクセスできます。(念のため; この性質はJava 5以降でのみ保証されます。)
  • AtomicBooleanクラス:提供されるインスタンスメソッドを通して、単純代入(set)や値の読取り(get)のほか、"値比較してから更新(compareAndSet)"といった処理を複数スレッドから安全に行えます。

Javaリファレンスマニュアル にも説明があります。

原子的な更新が可能なboolean値です。原子変数のプロパティの詳細は、java.util.concurrent.atomicパッケージ仕様を参照してください。AtomicBooleanは、原子的に更新されるフラグなどのアプリケーションで使用されます。これをBooleanの代替として使用することはできません。

1

スレッドセーフであるかどうかに違いがあります。マルチスレッドでの動作を考慮する必要があれば、AtomicBooleanを使います。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする