1

System.Xml.Serialization.XmlSerializer.Deserialize(StreamReader)を使って、
任意のxmlファイルのrootタグにあるアトリビュート値を取り出したいです。

以下のようにしてデシリアライズしないで取得できることは分かっていますが、
デシリアライズ用のクラスA(アトリビュート名のプロパティを持つだけのクラス)
を作成して、デシリアライズして、A.アトリビュート名というような
感じで取得できないでしょうか?

うまくいかなくて悩んでいます。

さまざまな形式のXMLがありますが、ルートアトリビュートだけは同じXMLを読み込もうとしています。

// XMLドキュメントを開く
XmlDocument doc = new XmlDocument();
doc.Load(path);

// ルートの要素を取得
XmlElement xmlRoot = doc.DocumentElement;
stirng attribute = xmlRoot.GetAttribute("アトリビュート名");

Aクラスは以下のような感じを考えています。

public class A
{
    [System.Xml.Serialization.XmlAttribute("アトリビュート名")]
    public string アトリビュート名{ get; set; }
}

説明を追加させていただきます。
XMLの例としては以下のような感じです。二つのXMLに対して、同じAクラスを用いて
デシリアライズしたいのですが、
System.Xml.Serialization.XmlSerializer.Deserialize(StreamReader)
をコールすると一つ目のXMLをデシリアライズする際に以下のExceptionとなってしまいます。

[System.InvalidOperationException] = {"<RootTag xmlns=''> は指定できません。"}

1つ目のXML

<RootTag アトリビュート名="">
   <AAA/>
   <BBB/>
</RootTag>

2つ目のXML

<RootTag2 アトリビュート名="">
   <CCC/>
   <DDD/>
</RootTag2>
| この質問を改善する | |
  • 2
    「うまくいかなくて悩んでいます」という表現は第三者から見て何もわかりません。具体例を挙げてください。とりあえず該当するXMLなど。ちなみにルート以外のアトリビュートは取得できていますか? – sayuri 17年5月25日 5:46
  • 回答ありがとうございます。検討した結果、シリアライザーは使わないようにします。 – mame 17年5月26日 0:05
3

一般論として、シリアライザーはクラスとシリアライズ結果とが1対1で対応します。そのため、<RootTag>に対応するRootTagクラスと<RootTag2>に対応するRootTag2クラスを用意する必要があります。
内容が同じということであれば、共通の親クラスを用意しても構いません。

XmlSerializerで説明すると各クラスを用意します。

public class Root { public string アトリビュート名 { get; set; } }
public class RootTag : Root {}
public class RootTag2 : Root {}

その上でそれぞれ適切なシリアライザーのインスタンスを生成します。

var xs1 = new XmlSerializer(typeof(RootTag));
var xs2 = new XmlSerializer(typeof(RootTag2));

これはXMLファイルの種類と同じだけのクラス・シリアライザーを用意する必要があり、不本意かと思います。しかし、そもそもシリアライザーの適さない用途に無理やり使用していることが問題ですので、個人的にはシリアライザーを使用しないことをお勧めします。


どうしてもシリアライザーを使わざるを得ない場合の別解として

XmlSeriailzerではルート要素については[XmlRoot]で指定します。

[XmlRoot("RootTag")]
public class Root { public string アトリビュート名 { get; set; } }

ところが[XmlRoot]を複数指定することができないため、このままではうまくいきません。
幸い、XmlSeriailzerコンストラクター[XmlRoot]を引数に受け付けています。

public class Root { public string アトリビュート名 { get; set; } }
var xs1 = new XmlSerializer(typeof(Root), new XmlRootAttribute("RootTag"));
var xs2 = new XmlSerializer(typeof(Root), new XmlRootAttribute("RootTag2"));

としてやれば、クラス定義だけは1つにまとめることができます。


もし.NET Framework 1.0から存在するSystem.Xml名前空間のXmlDocument等のクラス群によるXML DOM操作が煩雑というのがシリアライザーを使用する要因でしたら、.NET Framework 3.5で導入されたLinq to XMLの使用をお勧めします。
質問冒頭の処理は

var attribute = (string)XDocument.Load(path).Root.Attribute("アトリビュート名");

と記述できます。

| この回答を改善する | |
  • (string)XDocument.Load(path).Root.Attribute("アトリビュート名");の表記法はぜひとも利用させて頂きます。 – mame 17年5月26日 0:48
1

事前にルート要素のノード名が分かっていれば、XmlRootAttributeを指定することで対応できます。
下記の例ではルート要素以外は適当に定義していますが、正常に動作して属性をプロパティに読み込みます。
サンプルコードはデシリアライズのサンプルを流用して作成しました。

using System;
using System.IO;
using System.Text;
using System.Xml.Serialization;

namespace ConsoleApplication3
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            var xml1 = @"<RootTag アトリビュート名=""Hoge""><AAA/><BBB/></RootTag>";
            DoSample("RootTag", xml1);
            var xml2 = @"<RootTag2 アトリビュート名=""Fuga""><CCC/><DDD/></RootTag2>";
            DoSample("RootTag2", xml2);
        }

        private static void DoSample(string rootName, string xml)
        {
            var fileName = Guid.NewGuid().ToString() + ".xml";
            //XML書き出すだけ
            WriteXml(fileName, xml);
            try
            {
                //XML読み込み
                ReadXml(fileName, rootName);
            }
            finally
            {
                //後処理
                File.Delete(fileName);
            }
        }

        private static void ReadXml(string fileName, string rootName)
        {
            var root = new XmlRootAttribute { ElementName = rootName };
            var serializer = new XmlSerializer(typeof(A), root);
            using (var reader = new StreamReader(fileName, Encoding.UTF8))
            {
                //キャスト
                var item = (A)serializer.Deserialize(reader);
                Console.WriteLine(item.アトリビュート名);
            }
        }

        private static void WriteXml(string fileName, string xml)
        {
            using (var writer = new StreamWriter(fileName))
            {
                writer.Write(xml);
            }
        }
    }
    [XmlRoot]
    public class A
    {
        [XmlAttribute("アトリビュート名")]
        public string アトリビュート名 { get; set; }
    }
}
| この回答を改善する | |
  • この例では、XmlRootをAとしていますが、任意のXMLになるため、 RootNodeはAになるとは限りません。 その場合でも問題ないでしょうか? – mame 17年5月25日 6:55
  • 2
    問題です。要件を汲み取れていなかったので、回答を修正しました。完全に動的な方法でXMLをデシリアライズするやり方は寡聞にして存じ上げません。 – payaneco 17年5月25日 8:15

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする