0

JavaEEをベースにWebアプリケーションを作成しています。
ビジネスロジックや、データアクセス用のクラスに、@RequestScpoedを使って実装していたのですが、jBatchからは、@Dependentまたは、@ApplicationScopedしか呼び出せないことがわかり、困っています。

以下の様なエラーが出てしまいます。

重大: Failure in Read-Process-Write Loop
com.ibm.jbatch.container.exception.BatchContainerRuntimeException: org.jboss.weld.context.ContextNotActiveException: WELD-001303: No active contexts for scope type javax.enterprise.context.RequestScoped

以下のページに参考になりそうな情報があったのですが、
解決方法がわかりませんでした。
https://stackoverflow.com/questions/31847287/cdi-simulate-request-scope

  • (jBatch使用経験が無いので用語など誤っているかもしれません)こちらの発言の意図するところは、Batchlet等実装クラス(これは現状も@DependentなCDI Beanかと思います)で直接@RequestScopedなCDI Beanをinjectするのではなく、一旦@StatelessなEJB Beanをinjectし、そのEJB BeanでCDI Beanをinjectすればうまくいった、ということだと思います。 / ちなみに、jBatchの中で@RequestScopedを使用するとどうなるのでしょうか(おそらく例外になると思うのですが、どんな例外メッセージが出力されるのでしょうか)。「@Dependentまたは、@ApplicationScopedしか呼び出せない」という状況が少し不思議だな、と感じて検索してみたのですがヒットしなかったもので… – yukihane 17年5月22日 7:36
  • 解説して頂いた通り、途中にEJBを挟むことで、@RequestScopedのCDIをInjectできました。 – mfuru 17年5月22日 8:19
  • エラーは以下の様なものが出ます。 重大: Failure in Read-Process-Write Loop com.ibm.jbatch.container.exception.BatchContainerRuntimeException: org.jboss.weld.context.ContextNotActiveException: WELD-001303: No active contexts for scope type javax.enterprise.context.RequestScoped – mfuru 17年5月22日 8:19
  • ありがとうございます。私も気になってもう少し調べてみたのですが、こちらにjBatchとCDIの連携について言及がありました。 この文面だけを見た限りでは、batch artifactを@DependentなCDI Beanで作成し、JSLにはEL名で宣言しておけば、CDI利用時の制限は特に無い、ように読めますね… – yukihane 17年5月22日 13:06
0

WildFly10.1.0.Final(jBatch実装: jberet 1.2.1, CDI実装: Weld 2.3.5)で試してみました:

batch artifact の中で @RequestScoped なCDI Beanをinjectした場合、次のような例外が送出されました。

10:15:01,645 WARN  [org.jberet] (Batch Thread - 3) JBERET000001: Failed to run batchlet org.jberet.job.model.RefArtifact@730db889: org.jboss.weld.context.ContextNotActiveException: WELD-001303: No active contexts for scope type javax.enterprise.context.RequestScoped
    at org.jboss.weld.manager.BeanManagerImpl.getContext(BeanManagerImpl.java:689)
    at org.jboss.weld.bean.ContextualInstanceStrategy$DefaultContextualInstanceStrategy.getIfExists(ContextualInstanceStrategy.java:90)
    at org.jboss.weld.bean.ContextualInstanceStrategy$CachingContextualInstanceStrategy.getIfExists(ContextualInstanceStrategy.java:165)
    at org.jboss.weld.bean.ContextualInstance.getIfExists(ContextualInstance.java:63)
    at org.jboss.weld.bean.proxy.ContextBeanInstance.getInstance(ContextBeanInstance.java:83)
    at org.jboss.weld.bean.proxy.ProxyMethodHandler.getInstance(ProxyMethodHandler.java:125)
    at jp.himeji_cs.javaee.hello_jbatch.MyRequestScopedBean$Proxy$_$$_WeldClientProxy.sayHello(Unknown Source)
    at org.javaee7.batch.batchlet.simple.MyBatchlet.process(MyBatchlet.java:61)
    at org.jberet.runtime.runner.BatchletRunner.run(BatchletRunner.java:72)
    at org.jberet.runtime.runner.StepExecutionRunner.runBatchletOrChunk(StepExecutionRunner.java:229)
    at org.jberet.runtime.runner.StepExecutionRunner.run(StepExecutionRunner.java:147)
    at org.jberet.runtime.runner.CompositeExecutionRunner.runStep(CompositeExecutionRunner.java:164)
    at org.jberet.runtime.runner.CompositeExecutionRunner.runFromHeadOrRestartPoint(CompositeExecutionRunner.java:88)
    at org.jberet.runtime.runner.JobExecutionRunner.run(JobExecutionRunner.java:60)
    at org.wildfly.extension.batch.jberet.impl.BatchEnvironmentService$WildFlyBatchEnvironment$1.run(BatchEnvironmentService.java:243)
    at org.wildfly.extension.requestcontroller.RequestController$QueuedTask$1.run(RequestController.java:497)
    at org.jberet.spi.JobExecutor$3.run(JobExecutor.java:161)
    at org.jberet.spi.JobExecutor$1.run(JobExecutor.java:99)
    at java.util.concurrent.ThreadPoolExecutor.runWorker(ThreadPoolExecutor.java:1142)
    at java.util.concurrent.ThreadPoolExecutor$Worker.run(ThreadPoolExecutor.java:617)
    at java.lang.Thread.run(Thread.java:745)
    at org.jboss.threads.JBossThread.run(JBossThread.java:320)

今回ServletコンテナからjBatchを実行したのですが、jBatch自体は別スレッド(Servletとは別コンテキスト)で処理されるようです。
(これが仕様からみて当然な挙動なのか、実装依存の話なのかは分かりませんでした。おそらくJSR-352 specの"10.5 Batch Artifact Loading", "11 Job Runtime Lifecycle"あたりが関係しそうでしたが理解できていません…)
そこではrequest contextがアクティブ化されていないのでinjectしようとすると例外が発生する、ということだと思います。

解決策のひとつとしては、request contextがアクティブ化される条件(先に示したCDI spec参照)下で実行するようにする、というのが考えられ、質問文中リンク先で示されている、EJB Beanを用いるというのはこれに当たるでしょう。
もうひとつ別の解決策としては、自前ででアクティブ化する、という方法も考えられます。

この例ではWeld依存になりますが、上記リンク先で示されているインタセプタRequestContextInterceptorを利用する(※ただしそのままでは上手く動かなかったのでPriorityを設定)ことでBatchlet内でも@RequestScopedなCDI Beanをinjectできるようになりました。

@Dependent
@Named
public class MyBatchlet extends AbstractBatchlet {

    @Inject
    private MyRequestScopedBean myBean;

    @RequestContextOperation
    @Override
    public String process() {
        System.out.println(myBean.sayHello());

        return BatchStatus.COMPLETED.toString();
    }
}

今回検証に使ったソースはこちらになります。

0

jBatchから呼び出す入口をEJB(@Stateless)にして、その中で、@RequestScopedの既存のビジネスロジックを呼び出す様にしたら、動作しました。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする