0

swiftでarrayから複数の要素を同時に削除する方法はありますか?

以下のように
ひとつひとつ削除するとうまくいかないようなので、
同時に削除してしまいたいのです。

var items : [Item]!   
var selectedItems : [Item]!


//選択中のアイテムの削除
    @IBAction func deleteItem(_ sender: Any) {
        let num = selectedItems.count
        for i in 0..<num {
            let deleteItem = selectedItems[i]
            let index = items.index(of: deleteItem)
            items.remove(at: index!)
            selectedItems.remove(at: i)
            coreDataStack.context.delete(deleteItem)
        }

    }

let item_1 : Item!
    let item_2 : Item!
    let item_3 : Item!
    ...

    array1 = [item_1,item_2,item_3,item_4,item_5]

    array2 = [item_3,item_1,item_5]

    for i in 0..<array2.count {

    let deleteItem = array2[i]
    let index = array1.index(of: deleteItem)
    array1.remove(at: index)

    }
  • 1
    要素を削除する方法(複数か単数かを含めて)は非常にたくさんあります。どのような条件で要素を削除したいのですか? – OOPer 17年5月8日 14:57
  • ありがとうございます!質問に加筆しました。こういう状況なのですが、伝わりますでしょうか?あ、もしかしたら、これでもいいのかもしれませんね。 – aqua 17年5月8日 14:59
  • 削除したい要素が別の配列に入っていると言う状態ですね。Itemと言うのはクラスでしょうか、それ以外のデータ型でしょうか? – OOPer 17年5月8日 15:03
  • Itemはクラスです。array2の要素をarray1から全て削除したいという状況です。array2の要素は、どういう順番に入っているのかは場合によるので、前から順にとか、後ろから順にとかはできないのです。 – aqua 17年5月8日 15:04
  • 了解しました。ご自分でお気付きのようですが、現在のコードは都度indexを求めているので、削除したせいで「indexが変わって」うまくいかないと言うことはないはずです。(その分効率的には良くないですが。)自己解決したことにされますか?それとももう少し他の回答を待たれますか? – OOPer 17年5月8日 15:09
1

まず、「実際のコード」(現在のご質問文の上側のコード)で「fatal error: Index out of range」が出てしまう原因を確認しておきましょう。

var items : [Item] = []   //<- (*1)
var selectedItems : [Item] = [] //<- (*1)


//選択中のアイテムの削除
    @IBAction func deleteItem(_ sender: Any) {
        let num = selectedItems.count
        for i in 0..<num {
            let deleteItem = selectedItems[i]
            let index = items.index(of: deleteItem)
            items.remove(at: index!)
            selectedItems.remove(at: i) //<- ###
            coreDataStack.context.delete(deleteItem)
        }

    }

//<-###でマーキングされた行を考えてください。iの値はselectedItems最初の要素数-1まで変化していくのに対して、seletedItemsの要素数はだんだんと減っていきますから、そのうちiの値がその瞬間のseletedItemsの要素数以上になってしまい、そこで「fatal error: Index out of range」が発生することになります。

もう削除対象ではないことを少しでも早くselectedItemsに反映したかったのでしょうが、iの値が逆戻りすることはないので、いちいちループの中でselectedItems.remove(at: i)を実行する必要はないですね。例えばこうすればIndex out of rangeにはならないはずです。

@IBAction func deleteItem(_ sender: Any) {
    let num = selectedItems.count
    for i in 0..<num {
        let deleteItem = selectedItems[i]
        if let index = items.index(of: deleteItem) {
            items.remove(at: index)
            coreDataStack.context.delete(deleteItem)
        }
    }
    selectedItems = []
}

修正点は2点、selectedItemsの内容をクリアするのはループ終了後にまとめたのと、items.index(of: deleteItem)のnilチェックを加えたところです。(index(of:)メソッドはデータの中身によってはnilを返すのですから、常にチェックする癖はつけた方がいいでしょう。)

ちなみにSwiftのfor-inの構文を使うと、同じ処理はこんな風にも書けます。

@IBAction func deleteItem(_ sender: Any) {
    for deleteItem in selectedItems {
        if let index = items.index(of: deleteItem) {
            items.remove(at: index)
            coreDataStack.context.delete(deleteItem)
        }
    }
    selectedItems = []
}

で、大きな配列ではremove(at:)index(of:)は、かなり重い処理なので、itemsの要素数が非常に大きい場合にはよくこんなテクニックが使われます。

@IBAction func deleteItem(_ sender: Any) {
    let selectedSet = Set(selectedItems)
    items = items.filter {!selectedSet.contains($0)}
    selectedSet.forEach {
        coreDataStack.context.delete($0)
    }
    selectedItems = []
}

selectedItemsに含まれない要素のみを残す、と言う形でfilterを使用しています。配列の要素数が非常に大きい場合(かつ各要素型のSetを簡単に作成可能な場合)に有効な方法です。
(selectedItemsに含まれる要素の中にitemsには存在しないものがある場合、前2つのコードと動作が異なってきます。)

Swiftの配列には、中身を1個ずつ取り出しながら使う(取り出された要素は配列から削除される)と言ったメソッドも用意されているため、そちらを利用する手もあるのですが、長くなりすぎるので今回は省略しておきます。

CoreDataがらみの部分があるので、あなたのコードに当てはめた時に若干の修正が必要になるかもしれません。お好きなコードからお試しの上、うまく動かない等があれば、コメント等でお知らせください。


(*1) 本題から離れるのですが、配列型を暗黙アンラップ型(Implicitly Unwrapped Optional)にする意味は無いように思われます。非Optional型で宣言し、空配列で初期化すればいいのでは無いでしょうか。(空配列とnilを区別する必要性があるならまた話は別ですが。)

  • とても丁寧なご回答ありがとうございます!!いろいろ勉強になります!!早速試してみます^ ^いま、試しましたが、うまくいきました!! – aqua 17年5月8日 16:11

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする