0

AVCapturePhotoCaptureDelegateを使用してカメラ機能を実装しておりますが、撮影した画像を正方形にリサイズしたいです。

撮影時にはpreviewとして正方形にしたUIViewに以下のプロパティを指定しております。

previewLayer?.videoGravity = AVLayerVideoGravityResizeAspectFill

撮影時、previewでは正方形のUIImageViewを配置しているため、正方形のpreviewが表示されますが、撮影するとカメラサイズの長方形になってしまいます。
previewで表示されている画像にリサイズする方法をご教授いただきたいです。

■実際のソースコード

import UIKit    
import AVFoundation

class ViewController: UIViewController, AVCapturePhotoCaptureDelegate {

    @IBOutlet weak var cameraView: UIImageView!

    var captureSesssion: AVCaptureSession!
    var stillImageOutput: AVCapturePhotoOutput?
    var previewLayer: AVCaptureVideoPreviewLayer?

    @IBAction func takeIt(_ sender: Any) {
        // フラッシュとかカメラの細かな設定
        let settingsForMonitoring = AVCapturePhotoSettings()
        settingsForMonitoring.flashMode = .auto
        settingsForMonitoring.isAutoStillImageStabilizationEnabled = true
        settingsForMonitoring.isHighResolutionPhotoEnabled = false
        // シャッターを切る
        stillImageOutput?.capturePhoto(with: settingsForMonitoring, delegate: self)

    }

    override func viewWillAppear(_ animated: Bool) {
        captureSesssion = AVCaptureSession()
        stillImageOutput = AVCapturePhotoOutput()

        captureSesssion.sessionPreset = AVCaptureSessionPreset1920x1080// 解像度の設定

        let device = AVCaptureDevice.defaultDevice(withMediaType: AVMediaTypeVideo)

        do {
            let input = try AVCaptureDeviceInput(device: device)

            // 入力
            if (captureSesssion.canAddInput(input)) {
                captureSesssion.addInput(input)

                // 出力
                if (captureSesssion.canAddOutput(stillImageOutput)) {
                    captureSesssion.addOutput(stillImageOutput)
                    captureSesssion.startRunning() // カメラ起動

                    previewLayer = AVCaptureVideoPreviewLayer(session: captureSesssion)
                    previewLayer?.videoGravity = AVLayerVideoGravityResizeAspectFill // アスペクトフィット
                    previewLayer?.connection.videoOrientation = AVCaptureVideoOrientation.portrait // カメラの向き

                    cameraView.layer.addSublayer(previewLayer!)
                    // ビューのサイズの調整
                    previewLayer?.frame = CGRect(x:0,y:0,width:UIScreen.main.bounds.width,height:UIScreen.main.bounds.height/1.5)
                }
            }
        }
        catch {
            print(error)
        }
    }

    // デリゲート。カメラで撮影が完了した後呼ばれる。JPEG形式でフォトライブラリに保存。
    func capture(_ captureOutput: AVCapturePhotoOutput, didFinishProcessingPhotoSampleBuffer photoSampleBuffer: CMSampleBuffer?, previewPhotoSampleBuffer:     CMSampleBuffer?, resolvedSettings: AVCaptureResolvedPhotoSettings, bracketSettings: AVCaptureBracketedStillImageSettings?, error: Error?) {

        if let photoSampleBuffer = photoSampleBuffer {
            // JPEG形式で画像データを取得
            let photoData = AVCapturePhotoOutput.jpegPhotoDataRepresentation(forJPEGSampleBuffer: photoSampleBuffer, previewPhotoSampleBuffer:     previewPhotoSampleBuffer)
            let image = UIImage(data: photoData!)

            // フォトライブラリに保存
            UIImageWriteToSavedPhotosAlbum(image!, nil, nil, nil)
        }
    }

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }

■参考にしたサイト
iOS10カスタムカメラ - Swift 3
http://qiita.com/tfutada/items/3e415cbe176d6f801b1d

AVCaptureMovieFileOutputで撮影した動画を正方形にリサイズしたい
AVCaptureMovieFileOutputで撮影した動画を正方形にリサイズしたい

0

AVCaptureSessionに対してstartRunning()しているのに、stopRunning()がどこにもないなど、気になる部分もあるんですが、単純化されたサンプルコードのようですので、その辺は別件として解決していただくと言うことで。

AVLayerVideoGravityResizeAspectFillで表示されている画像は実画像の中央部分の正方形(これも別件かもしれませんが、UIScreen.main.bounds.height/1.5height:に指定すると、一部の機種を除いて正方形にはならないのではないかと思います)になりますので、UIImageの中央部分の正方形を切り取って、そちらを保存してやれば良いのではないでしょうか。

こんなextensionを用意して:

extension UIImage {
    func croppingToCenterSquare() -> UIImage {
        let cgImage = self.cgImage!
        var newWidth = CGFloat(cgImage.width)
        var newHeight = CGFloat(cgImage.height)
        if newWidth > newHeight {
            newWidth = newHeight
        } else {
            newHeight = newWidth
        }
        let x = (CGFloat(cgImage.width) - newWidth)/2
        let y = (CGFloat(cgImage.height) - newHeight)/2
        let rect = CGRect(x: x, y: y, width: newWidth, height: newHeight)
        let croppedCGImage = cgImage.cropping(to: rect)!
        return UIImage(cgImage: croppedCGImage, scale: self.scale, orientation: self.imageOrientation)
    }
}

(ネタ元はこちら。Swift, Objective-C合わせて色々なコードが紹介されているのですが、こちらの環境(Xcode 8.3.2, iPhone 7 plus/iOS 10.3.1)で動作確認しながら、確実に動くように作り直しました。)

「フォトライブラリに保存」の部分で切り取った後の画像を保存してやるだけです。

UIImageWriteToSavedPhotosAlbum(image!.croppingToCenterSquare(), nil, nil, nil)
0
// デリゲート。カメラで撮影が完了した後呼ばれる。JPEG形式でフォトライブラリに保存。
func capture(_ captureOutput: AVCapturePhotoOutput, didFinishProcessingPhotoSampleBuffer photoSampleBuffer: CMSampleBuffer?, previewPhotoSampleBuffer:     CMSampleBuffer?, resolvedSettings: AVCaptureResolvedPhotoSettings, bracketSettings: AVCaptureBracketedStillImageSettings?, error: Error?) {

    if let photoSampleBuffer = photoSampleBuffer {
        // JPEG形式で画像データを取得
        let photoData = AVCapturePhotoOutput.jpegPhotoDataRepresentation(forJPEGSampleBuffer: photoSampleBuffer, previewPhotoSampleBuffer:     previewPhotoSampleBuffer)
        let image = UIImage(data: photoData!)
// ここに、コードを追加する。

        // フォトライブラリに保存
        UIImageWriteToSavedPhotosAlbum(image!, nil, nil, nil)
    }
}

上のコードの「// ここに、コードを追加する。」の箇所に、以下のコードを追加します。
プログラムの流れは、(1) UIIMageを、CGImageに変換する。(2) CGImageクラスのインスタンスメソッドcropping(to:)を使って、イメージをトリミングする。(3) UIImageに戻す。(4) 保存用イメージとして、次のコードに渡す。- となります。

guard let cgImage = image.cgImage else {
    return
}

let srcSize = CGSize(width: cgImage.width, height: cgImage.height
let dstOrigin = CGPoint(x: (srcSize.width - srcSize.height) / 2.0, y: 0.0)
let dstSize = CGSize(width: srcSize.height, height: src.height)
let rect = CGRect(origin: dstOrigin, size: dstSize)
guard let croppedImage = cgImage.cropping(to: rect) else {
    return
}
let dstImage = UIImage(cgImage: croppedImage)

// フォトライブラリに保存
UIImageWriteToSavedPhotosAlbum(dstImage, nil, nil, nil)

画像の処理を、多少なりとも行うことがあるなら、CoreGraphicsフレームワーク、CoreImageフレームワークのリファレンスに目を通すようにしましょう。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする