0

UITextViewの下にある、UIviewに貼ったUILongPressGestureRecognizerを認識させたい。

textViewをタップすると、テキストの入力状態になってしまって下のviewの長押しが認識されないようなのです。

1

本家英語版のstackoverflowに類似のスレッドがあったので、試してみました。

Add UITapGestureRecognizer to UITextView without blocking textView touches

UITextViewtextView、「下にある、UIview」をwrappingViewとして、それらを含むViewControllerに以下のような記述をしました。

class ViewController: UIViewController, UIGestureRecognizerDelegate {

    @IBOutlet weak var wrappingView: UIView!
    @IBOutlet weak var textView: UITextView!
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
        let longPressGR = UILongPressGestureRecognizer(target: self, action: #selector(longPressOnWrappingView))
        longPressGR.delegate = self
        wrappingView.addGestureRecognizer(longPressGR)
    }

    func longPressOnWrappingView(_ sender: UILongPressGestureRecognizer) {
        print(#function)
        //...
    }

    func gestureRecognizer(_ gestureRecognizer: UIGestureRecognizer, shouldRecognizeSimultaneouslyWith otherGestureRecognizer: UIGestureRecognizer) -> Bool {
        return true
    }

    //...
}

ポイントはUILongPressGestureRecognizerにdelegateを設定し、そのdelegateメソッドgestureRecognizer(_:shouldRecognizeSimultaneouslyWith:)trueを返していると言うところです。


ただし、本来のUITextViewのジェスチャーに対する動作を無効化しているわけではありませんので、UITextView上で長押しした場合の動作に加えて、UILongPressGestureRecognizerのactionに指定した動作が実行されます。

そういったUITextView本来のジェスチャー応答とどのように共存させるのかの詳細が書かれていませんし、その内容によってはAppleからHIG違反でrejectされる可能性もあるので、それ以上は試していません。

そこら辺をもう少し詳しく記載されれば、他の方からより適切な回答を得られる可能性はあるかと思いますが、私的にはUIデザインを再考された方が良いように思われます。

  • ありがとうございます!とても参考になります!おっしゃるとおり、なんだか使い方が複雑になりそうなので、長押し以外の方法でUIを検討した方が良さそうな気がしています! – aqua 17年5月1日 1:02

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする