0

SQLserverでレコードをinsertしたいのですが、その際の主キーをどうやって設定するか悩んでいます。
今までmax(主キー)+1でやっていたのですが、この方法だと複数プロセス同時にinsertがかかったときに
同じ主キーを登録しようとしてしまうことがあります。

少し調べたのですが、TransactionScopeというのがありそれで排他処理できるようです。
しかし試してみたところ
「ハンドルされていない例外: System.Data.SqlClient.SqlException:
トランザクション (プロセス ID 65) が、ロック 個のリソースで他のプロセスとデッドロックして、
このトランザクションがそのデッドロックの対象となりました。トランザクションを再実行してください。」
という例外が起きてしまい上手くいきません。

以下試したコード(C#)です。同じプログラムをほぼ同時に起動したところ上記の例外が発生しました。

class Program
{
    static void Main(string[] args)
    {
        DwhDBAccess.DwhTableAdapters.workSampleTableAdapter adapter = new DwhDBAccess.DwhTableAdapters.workSampleTableAdapter();
        TransactionOptions o = new TransactionOptions { IsolationLevel = IsolationLevel.Serializable };
        using (TransactionScope ts = new TransactionScope(TransactionScopeOption.RequiresNew, o))
        {
            int max = 0;
            try
            {
                max = adapter.GetData().Max(x => x.id);
            }
            catch (Exception e)
            {
                max = 0;
            }
            System.Threading.Thread.Sleep(10000);
            adapter.InsertQuery(max + 1, "hello world.");
            Console.WriteLine("Insert id=" + (max + 1).ToString());
            ts.Complete();
        }
    }
}

排他制御を上手く働かせて同じidを登録しないようにするにはどうすればいいでしょうか。
よろしくお願いします。

  • 多くのRDBMSではシーケンス番号生成機能を備えており(SQL標準なようです)、この機能でIDを生成することも多いです。 SQL Serverでも該当機能を備えているようですので、今回、こちらが利用できる可能性もあるかと考えます。 – yukihane 17年4月26日 11:37
1

特に不都合が無いようなら、PK 列に Identity 属性を付与するのが軽量でお勧めです。

0

問題の例外はデッドロックを検知して正しく発生しています。
ですので必要なのは、この例外が発生した場合に処理をリトライするような実装になります。

まず件のエラーのSqlException.Number1205ですので、以下のような条件でキャッチを行います。

try
{
    // トランザクション処理
}
catch (SqlException ex)
{
    if (ex.Number == 1205)
    {
        // リトライ処理
    }
    else
    {
        throw;
    }
}

リトライ方法は要件によると思いますが、もっとも単純な方法としてはforループによるものがあります。

// リトライ回数
const int RETRY = 5;
for (var i = 0; i < RETRY; i++)
{
    try
    {
        // トランザクション処理

        break;
    }
    catch (SqlException ex)
    {
        if (ex.Number == 1205 && i < RETRY - 1)
        {
            continue;
        }
        throw;
    }
}

なお質問の内容とは関係ありませんが、下記の個所では全件SELECTが発生しているのでSELECT COALESCE(MAX(id), 0) FROM ...のようなSQLに書き直すべきです。

int max = 0;
try
{
    max = adapter.GetData().Max(x => x.id);
}
catch (Exception e)
{
    max = 0;
}
0

IsolationLevel.Serializableの概念を説明します。

max = adapter.GetData().Max(x => x.id);

にて最大値を得るわけですが、その際、当然ながら全レコードを参照します。トランザクションでは参照した全レコードに対して共有ロックを取得します。その後、

adapter.InsertQuery(max + 1, "hello world.");

にて排他ロックを取得してからINSERTが実行されます。

さて、共有ロックと排他ロックは次の性質があります。

  • 別セッションで共有ロック中に新たに共有ロック可能
  • 別セッションで共有ロック中に新たに排他ロック不可、解除待ちする
  • 別セッションで排他ロック中に新たに共有ロック不可、解除待ちする
  • 別セッションで排他ロック中に新たに排他ロック不可、解除待ちする

この通りロックは解除待ちを行うだけの存在で、それ自体がデッドロックを引き起こすものではありません。しかし、このロックの性質を踏まえて質問のコードの動作を検証すると次の状態が存在することがわかります。

複数のセッションがmax = adapter.GetData().Max(x => x.id)を実行し、それぞれが共有ロックを保持し、Thread.Sleep(10000)後にそれぞれがadapter.InsertQuery(max + 1, "hello world.")にて排他ロックを獲得しようとすると、どちらのセッションも共有ロックの解除待ちを行います。これがデッドロックです。


以上のデッドロック発生のメカニズムを踏まえた上で、対策を考えます。

整合性レベルを下げる

整合性レベルを下げてIsolationLevel.ReadCommittedを使用すると共有ロックを保持し続けなくなります。これにより排他ロックを獲得できるようになるためデッドロックは発生しなくなり、本来の主キー重複エラーが発生可能になります。重複エラーが発生したらリトライしてください。

参照(SELECT)と挿入(INSERT)を同時に行う

TableAdapterの機能を使わず、直接SQL文を記述してください。

テーブル設計を変更し、自動的に採番する

IDENTITYプロパティを使用します。yukihaneさんが提案されているシーケンス番号とは別物です。

  • >重複エラーが発生したらリトライ 要するにTransactionScopeとかは最初からまったく必要なく、 重複エラーが発生したらリトライさえすればよかったということでしょうか? – Jogenara 17年4月27日 1:57

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする