0

UIPanGestureRecognizerの利用方法について

Swift3入門勉強中です。
imageRounderクラスでイメージの表示を行い、UIPanGestureRecognizerを利用してPanジェスチャー用のdoPanを呼び出そうとしています。
しかし、実行時にPanジェスチャーを行うと下記エラーが発生します。

2017-03-20 15:46:52.478 imageView01[30745:1710752] -[UIView doPan]: unrecognized selector sent to instance 

多分、Swiftの基本が分かっていないレベルですが、どなたかアドバイスをいただけると助かります。


//ViewController.swift
class ViewController: UIViewController {

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        let imageRun = imageRounder(imageName:"pic01",myView:view)
        }

//imageRounder.swift

  import UIKit

let imageRect = UIImageView()

class imageRounder{
    var imgName:String   
    var rootView:UIView  

    let imageRect = UIImageView()

    init(imageName:String,myView:UIView){
        imgName=imageName
        rootView = myView

        imageRect.isUserInteractionEnabled = true

        let panGesture = UIPanGestureRecognizer(target: rootView, action: Selector(("doPan")))
        imageRect.addGestureRecognizer(panGesture)

      rootView.addSubview(imageRect)
       }

    func doPan(sender: UIPanGestureRecognizer) {
        let move:CGPoint = sender.translation(in: rootView)
        sender.view!.center.x += move.x
        sender.view!.center.y += move.y
        sender.setTranslation(CGPoint(x:0 , y:0), in:rootView)
    }
  • まずは、より良い回答を素早く得たければ、ご質問内容を見やすく編集する努力をした方がいいでしょう。意図的にではないと思うのですが、問題を解決するための情報としてはなんの役にも立たない「多分、Swiftの…」の文言が太字で表示されてしまっています。ハイフン列---は特別な意味を持つので気をつけた方がいいでしょう。また、クラス定義開始のヘッダーclass ViewController: UIViewController {は記述されているのに、クラス終了の}が見当たりません。問題点に関係ない部分を省略する場合でもカッコの対応はさせておいた方がいいでしょう。構文エラーのせいかどうかがわからなくなる時があります。なお、コードを掲載する場合、編集エリアにコードを貼り付けた後、コード部分を端から端までドラッグして選択状態にした後に、編集エリアの上部にあるコードサンプルのアイコン({})をクリックすることで、選択した部分がコードとしてマーキングされます。ご自分の質問は「編集」できますので、できるだけ見やすい質問にするよう努力して見てください。 – OOPer 17年3月25日 8:21
  • 指摘 ありがとうございます。次回からは、質問内容を見やすくするように注意いたします。 – jYama 17年3月26日 3:49
0

すでについている回答の、補足的な説明をします。
UIPanGestureRecognizerの、メソッドsetTranslation(_:in:)と、translation(in:)の使い方についてです。

import UIKit

class ViewController: UIViewController {

    var imageView: UIImageView?

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        imageView = UIImageView(image: UIImage(named: "pic01"))
        if let imageView = imageView {
            imageView.center = CGPoint(x: 100.0, y: 100.0)
            imageView.isUserInteractionEnabled = true
            let panGestureRecognizer = UIPanGestureRecognizer(target: self, action: #selector(ViewController.panGesture(_:)))
            imageView.addGestureRecognizer(panGestureRecognizer)
            view.addSubview(imageView)
        }
    }

    func panGesture(_ recognizer: UIPanGestureRecognizer) {
        if let imageView = imageView {
            if recognizer.state == .began {
                recognizer.setTranslation(imageView.center, in: view)
            } else if recognizer.state == .changed {
                imageView.center = recognizer.translation(in: view)
            }
        }
    }

}

別クラスを作って云々というところをバッサリはしょって、書きました。UIPanGestureRecognizerのセレクタpanGesture(_:)だけ見てください。
UIPanGestureRecognizerだけでなく、UIGestureRecognizerすべてで言えることですが、プロパティstateを使って、開始.began)、継続中.changed)、終了.ended)、処理キャンセル.cancelled)の条件分岐を行い、それぞれの処理を記述します。ここでは、必要なのは.began.changedだけなので、この二つだけ実装します。
.beganで、メソッドsetTranslation(_:in:)を使い、imageViewの位置(center)をセットします。
.changedで、メソッドtranslation(in:)を使うと、setTranslation(_:in:)でセットした座標に、移動量をプラスした座標が返ってきます。imageViewの位置をセットしたのですから、返り値は、そのままimageViewの移動先の座標となります。
ちょっとわかりにくい説明かもしれませんが、じっさいにこのコードを動かしてみれば、一目瞭然で理解いただけると思います。

  • ありがとうございます。私が書いていた「sender.view!.center.x += move.x」は、汚い力わざに見えてきました。「プロパティstate」を使うとエレガントです。自分でゴリゴリとコーディングするのでなくクラスの機能をエレガントに使うようにします。 – jYama 17年3月26日 4:00
0

少なくともこの行に修正が必要です。

let panGesture = UIPanGestureRecognizer(target: rootView,
                     action: Selector(("doPan")))

Selector(("doPan"))と言う書き方はSwiftコンパイラーが特別な理由がある場合用に用意している記法で、「なんらかの理由で文字列リテラルの形でセレクタを記載しないといけないが、そのせいで出る警告を抑止したい時に使う」ものです。

通常のコードを書く場合には、 セレクタを記載する必要のある場所では必ず#selector構文を使う と覚えておいた方が良いでしょう。(Swiftコンパイラーの示してくるサジェスチョンを意味もよくわからずに受け入れてはいけない、と言うのも覚えておいた方が良いかもしれません。)

また、action-targetパターンでセレクタを指定したら、 ターゲットはそのセレクタを実装しているクラスのインスタンスでないといけません

上記の行を以下のように置き換えて見てください:

let panGesture = UIPanGestureRecognizer(target: self,
                     action: #selector(doPan(sender:)))

この変更により、#selector構文が簡単なエラーチェックをおこなってくれるので、別の問題が見つかるかもしれません:

func doPan(sender: UIPanGestureRecognizer) {

@objc func doPan(sender: UIPanGestureRecognizer) {

以上の修正で、とりあえずコンパイルが通るはずですが、あなたがご質問に掲載のコード、動作確認ができる状態ではないようです。少し書き換えた上で動作確認させていただきました。

import UIKit

class ImageRounder {
    var imgName:String
    var rootView:UIView

    //###`UIImageView()`なんて未定義のイニシャライザを使うべきではない        
    let imageRect: UIImageView

    init(imageName:String,myView:UIView){
        imgName=imageName
        rootView = myView
        //###imageRectを適切に初期化する
        imageRect = UIImageView(image: UIImage(named: imageName))

        imageRect.isUserInteractionEnabled = true

        let panGesture = UIPanGestureRecognizer(target: self, action: #selector(doPan(sender:)))
        imageRect.addGestureRecognizer(panGesture)

        rootView.addSubview(imageRect)
    }

    @objc func doPan(sender: UIPanGestureRecognizer) {
        let move:CGPoint = sender.translation(in: rootView)
        sender.view!.center.x += move.x
        sender.view!.center.y += move.y
        sender.setTranslation(CGPoint(x:0 , y:0), in:rootView)
    }
}
  • Swiftでクラス名が小文字始まりは気持ち悪いので書き換え
  • グローバルの方のlet imageRect = UIImageView()は不要なので削除
  • プロパティの方のlet imageRect = UIImageView()は不適切な初期化なので書き換え
    (パラメータなしのイニシャライザUIImageView()は動作未定義なので使うべきでない。)

この状態で実行したところ、エラーにこそならないものの、doPan(sender:)メソッドが呼ばれていないようです。どうやら、ViewControllerクラスにも修正が必要なようです。

import UIKit

class ViewController: UIViewController {

    var imageRun: ImageRounder! //###<-ImageRounderのインスタンスはずっと保持されていないといけない

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        imageRun = ImageRounder(imageName:"pic01", myView:view)
    }
}

Target-actionパターンの targetインスタンスは、どこか別の場所で強参照を保持する必要があります。(UIPanGestureRecognizer.init(target:action:)target:にしただけでは強参照は保持されません。)従って、imageRunがローカル変数のままだとviewDidLoad()終了時に解放されてしまうので、ViewControllerのインスタンスプロパティに変更しました。

以上の修正で、こちらの動作確認ではちゃんとdoPan(sender:)メソッドが呼ばれるようになったのですが、あなたの元コードが動作確認に使えるものにはなっていないので、これがあなたの期待する動作なのかどうかはわかりません。何かお気付きの点があれば、ご質問内容を編集するなどして、問題点をおしらせください。

  • ありがとうございます。「 var imageRun: ImageRounder! //###<-ImageRounderのインスタンスはずっと保持されていないといけない」基本が分かっていませんでした。問題は解決しました。変数というかインスタンスというか、スコープ(有効範囲)を復習します。 – jYama 17年3月26日 3:55

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする