0

QNAPでObject Storage Server(OSS)を使っています。

他のLinuxでs3cmdをインストールしてアクセスしてみました。
QNAPでは
sample01
sample02
のコンテナがあります。両方ともPublicにしています。

# s3cmd ls
2009-02-03 16:45  s3://sample01
2009-02-03 16:45  s3://sample02

でコンテナの一覧は確認できますが、

# s3cmd ls s3://sample01
ERROR: Access to bucket 'sample01' was denied
ERROR: S3 error: 403 (AccessDenied): Access denied

でsample01の中身を見ることができません。アクセス拒否がされています。

# s3cmd info s3://sample01
ERROR: Access to bucket 'sample01' was denied
ERROR: S3 error: 403 (AccessDenied): Access denied

でも同様です。

このAccess controlはどこで設定するものなのでしょうか?もしくはアクセスする手段が違うのでしょうか?
ご存知の方、ご教示お願いします。

| この質問を改善する | |
  • s3cmd --configure でアクセスキーは設定済みですか? – take88 17年3月15日 9:33
  • はい。設定しております。そのおかげで# s3cmd lsは実行できていると思っています。 – Ubunkun 17年3月15日 9:34
  • 了解です。チュートリアルによると「OSS ユーザーがアクセスするストレージアカウント (共有フォルダー) を明示的に許可する必要があります。」「OSS でストレージアカウントのアクセス許可リストに追加しない限り、該当するストレージアカウントにはアクセスできません。」とありますが、この辺も設定されてますか? – take88 17年3月15日 10:33
  • 1
    あと「ストレージアカウント」にもアクセス権の設定がありますが、OSSユーザを追加してみると何か変化はありますか? – take88 17年3月15日 10:41
  • 「共有フォルダ」の共有フォルダー権限の編集にて該当フォルダの全てのユーザを追加して読み取り/書き込み権限を付与。ゲストのアクセス権までフルアクセス。NFSホストのアクセスも許可するIPアドレスで読み取り/書き込み権限を付与。Microsoftネットワークホストのアクセスでも許可ネットワークを追加。「OSS」のStorage Accountで全てのユーザを追加完了しています。しかし、s3cmd ls s3://sample01がaccess denyになります。 – Ubunkun 17年3月15日 10:45

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする