1

例えばユニークなIDの配列を保持し追加削除する場合、既に追加されてるかどうかの判定が必要になります。この判定をmutationで行なうべきか、actionで行なうべきか、それとも両方で行なうべきか、悩みます。

mutationの処理が走る場合は必ず変更される方がいい気がします。そうするとactionでstateを見て必要ならばmutationの処理を走らすという流れにしたくなります。しかしvueではmutationの実行は一応はどこからでもできるのでactionのみに変更するかしないかの分岐を書くのも不安です。そもそも「commitする場合は必ず変更される」という考え方自体どうなのか。。。。

ご意見聞かせてください。

state: {
    someList: [1,2,3],
},
mutations: {
    add(state, id){
        state.someList.push(id);
    },
    remove(state, id){
        state.someList.splice(state.someList.indexOf(id), 1);
    },
},
actions: {
    add({commit, state}, {id}){
        if ( state.someList.indexOf(id) < 0 ) {
            commit('add', id);
        }
    },
    remove({commit, state}, {id}){
        if ( state.someList.indexOf(id) >= 0 ) {
            commit('remove', id);
        }
    },
}
0

この判定をmutationで行なうべきか、actionで行なうべきか、それとも両方で行なうべきか、悩みます。

両方で行うのは避けたいですね。また、mutationが直接呼び出される可能性を考慮するならば、mutationに分岐処理を入れ、actionはただcommitするのみにした方が良いかなと思います。

他のコードがわからないので以下、推測を含むのですが、

例えば、状態をv-forを利用したリストコンポーネントで表現するのであれば、someListに存在しないものはリストに存在しないので、removeの存在確認のチェックは不要かなと思います。

someListをユニークな値をキープしたい、commitは変更が反映されるものとするなら、lodashを利用して以下のコードで表現できます。

mutations: {
  add(state, id) {
    state.someList = _.uniq(state.someList.push(id))
  },
}

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする