11

Accounts.frameworkを使って

// Twitterアカウントを取得する処理
let accountStore = ACAccountStore();
let twitterAccountType = accountStore.accountTypeWithAccountTypeIdentifier(ACAccountTypeIdentifierTwitter);
let handler : ACAccountStoreRequestAccessCompletionHandler = { (granted, error) in
    if (!granted) {
        NSLog("拒否")
        self.showAlertMessage(
            "Twitterアカウントにアクセスできません",
            message: "設定 > プライバシー > Twitter からアクセスを許可してください")
    }
}
accountStore.requestAccessToAccountsWithType(twitterAccountType, options: nil, completion: handler);

こんな感じでTwitterアカウントにアクセスできなかったらalertを出して、設定ボタンから設定画面に誘導しようと思っています。

UIApplication.sharedApplication().openURL(NSURL(string: UIApplicationOpenSettingsURLString)!);

こんな感じに自分のアプリの設定画面を開くことはできますが、これだとTwitterの設定を変更する画面まで遠いので、
自分の設定画面に位置情報の許可のようにTwitterの設定をおいたりとか、なにかTwitterの設定へ誘導する良い方法はできないものでしょうか?

  • twitterのタグを追加しました。 – tomute 15年1月6日 7:14
  • 4
    できないと思います。上記のメッセージで「後で」と「設定へ」みたいなボタン付きのアラートに表示するのは最大できることかと思われます。 – nacho4d 15年1月9日 10:12
  • やっぱりそうですか。 Twitterログインを必須にしたアプリを作りたいので、認証まわりの導線をできるだけわかりやすく、短くしたいと思っているのですが。。 – iyuichi 15年1月13日 5:34
1

自分のサイトで恐縮ですが、こちらの方法だと目的のことは達成できないでしょうか?

下図のダイアログが表示されます。

override func viewDidLoad() {
  super.viewDidLoad()

  let accountStore = ACAccountStore()
  let twitterAccountType = accountStore.accountTypeWithAccountTypeIdentifier(ACAccountTypeIdentifierTwitter)
  let handler: ACAccountStoreRequestAccessCompletionHandler = {granted, error in
    if(!granted) {
      NSLog("ユーザーがアクセスを拒否しました。")
    } else {
      NSLog("ユーザーがアクセスを許可しました。")
    }
  }
  accountStore.requestAccessToAccountsWithType(twitterAccountType, handler)
}
  • 回答ありがとうございます。 この画面で許可しなかった、もしくは設定画面からオフにしているユーザに対して、アクセス許可をしてもらうのに一番わかりやすくて、短い導線を考えております。。。 – iyuichi 15年1月13日 5:36
  • 参照先を記載する際は引用し、回答内に転記するようにしてください。リンク先が存在し続ける保証が無い為です。 – Sieg 15年10月19日 2:51
  • 転記は、このような形で合ってましたでしょうか? – 135yshr 15年10月20日 5:44
  • はい、この書き方で問題ありません。 – Sieg 15年10月20日 7:11

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする