4

https://code.jp.ai/question/155

上記のサイトを参考にしてIDを生成したいと考えているのですが、Goではどのように実装すれば良いのでしょうか。

考えてみましたが、md5.Sum(ip)[16]byte型なので[:30]のようにスライスできません。
golangにもPHPのsubstrのような関数があれば良いのですが、見つかりませんでした。

どのように実装できるかご教授ください。

  • 1
    リンク先のコードで使われている PHP の base64_encode() と golang の base64.StdEncoding.EncodeToString() のエンコーディングアルゴリズムは異なるのですが、それは別に構いませんか? – metropolis 17年1月5日 10:05
  • 1
    今回の利用目的上は問題ないと思います。 – StackDestroyer 17年1月5日 11:20
4
  • md5ハッシュは16バイト長であると規格で定められています(ただし1バイトを8ビットとします)。
    • PHPのmd5()はそれを16進表記に直し、32文字にしています(参考)。
    • Goのmd5.Sum()は[]byte型のまま結果が得られます(参考)。
  • Goで[]byte型を16進数の文字列に変換したい場合、fmt.Sprintfが使えると思います。%x%Xフォーマットが使えます。
    • あるいは、hex.EncodeToString でも良さそうです(参考)。ただしarrayとsliceの違いにご注意ください(参考)。
  • 部分文字列は、Unicodeのことを考えると簡単には実装できないことが分かります。そのためGoでは、string型、[]byte型、[]rune型を上手く使い分けています。詳しくは
    "Strings, bytes, runes and characters in Go - The Go Blog"
    を見て下さい。
    • 入力される文字列が1バイト文字に限られているのであれば、string型の変数sに対して単にs[i:j]とすると部分文字列が得られます。
    • そうでない場合は、一旦[]rune型にキャストして操作すると良いです。たとえばstring([]rune(s)[i:j])といった具合です。
  • 今回の場合に限れば、最初の、[]byte型のハッシュ値の時点で部分列をとる方が簡単です。
  • 2
    質問にも書かれていますが、md5.Sum() の戻り値の型が [16]byte なので strMD5 := md5.Sum(...)[:15] の様な書き方ができません。そのため、tmp := md5.Sum(...);strMD5 := tmp[:15]; などとなってしまい、多少煩雑になってしまうかもしれません。 – metropolis 17年1月5日 10:02
1

詳しい説明はnekketsuuu さんの回答にあるので補足です。

[]byte型のハッシュ値の時点で部分列をとる

これをする場合、質問のように [:30] とやれば失敗しますので、16進表記の文字列に変換すると1バイトが2文字で表現されて要素数が倍になる事を考慮して[:15] とします。

ただ、今回は16進表記の文字列(全て ASCII の範囲内)に変換するので、変換後の string に対して文字数を使い、[:30] としても大丈夫です。

入力される文字列が1バイト文字に限られているのであれば、string型の変数sに対して単にs[i:j]とすると部分文字列が得られます。

とある通りです。


package main

import (
    "crypto/md5"
    "encoding/hex"
    "fmt"
)

func main() {
    ip := "192.0.2.0"
    sum := md5.Sum([]byte(ip))

    fmt.Printf("sum: %v\n", sum)
    fmt.Printf("len(sum): %d\n", len(sum))

    sumPart := sum[:15]

    fmt.Printf("sumPart: %v\n", sumPart)
    fmt.Printf("len(sumPart): %d\n", len(sumPart))

    sumPartFmt := fmt.Sprintf("%x", sumPart)

    fmt.Printf("sumPartFmt: %s\n", sumPartFmt)
    fmt.Printf("len(sumPartFmt): %d\n", len(sumPartFmt))

    sumPartHex := hex.EncodeToString(sumPart)

    fmt.Printf("sumPartHex: %s\n", sumPartHex)
    fmt.Printf("len(sumPartHex): %d\n", len(sumPartHex))
}

出力:

sum: [87 207 62 5 209 246 147 31 76 22 249 16 174 171 96 29]
len(sum): 16
sumPart: [87 207 62 5 209 246 147 31 76 22 249 16 174 171 96]
len(sumPart): 15
sumPartFmt: 57cf3e05d1f6931f4c16f910aeab60
len(sumPartFmt): 30
sumPartHex: 57cf3e05d1f6931f4c16f910aeab60
len(sumPartHex): 30
  • わかりやすい補足ありがとうございます – StackDestroyer 17年1月5日 11:20

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする