0

jQueryのAPIドキュメントを、自分のPCにダウンロードして閲覧したいです。

例えばbootstrapであればgithubよりソースコードをダウンロードしてきて

grunt
jekyll serve

とコマンドラインから実行すれば現時点でのドキュメントをローカル環境で参照できます。
あるいはrubyであれば、マニュアルをダウンロードすればそのまま参照できました。
これらと類似のことを行いたいです。
理由は現在の開発環境が時折ネットワークがつながらない状態となるためで、今のところ避けられません。
jQueryは頻繁に参照するのでこれができると助かります。
googleでそれらしいワードで検索したつもりですがわかりませんでした。
またgithubでそれらしきファイルが含まれていないかも見てはみましたが理解できませんでした。

フロントエンド開発の経験が浅くて要領を得ておらず、初歩的な質問かもしれませんがよろしくお願いいたします。

6

http://api.jquery.com/ のコンテンツ自体は GitHub - jquery/api.jquery.com: API documentation for jQuery Core で制作・ホストされています。

ただし、 api.jquery.com 自体は WordPress サイト のようなので少し厄介かもしれません。
Contributing to jQuery Foundation Web Sites | Contribute to jQuery

git clone https://github.com/jquery/api.jquery.com
npm i 
cp config-sample.json config.json
grunt build

エラーが出ずに実行できていれば、dist/wordpress/posts/ 以下にドキュメントのHTMLが出力されるはずです。(もちろんスタイルは当たっていません。)

(Windowsだとライブラリ不足でエラーが出るかもしれません。Readmeを読んで下さい。)


ついでなのでローカルの WordPress 環境へのデプロイについても調べてみました。

  1. まず、手元にWPの開発環境がなければ用意しておきましょう。たとえばLocalとかがお手軽です。

  2. 用意したWPのプラグインディレクトリに https://github.com/scottgonzalez/gilded-wordpress/blob/v1.0.3/gilded-wordpress.php を設置し、有効化しておきましょう。

  3. 上でcpして作ったconfig.jsonのURL、ユーザー名、パスワードをWPサイトのものに合わせます。

  4. grunt wordpress-deploy を実行すると生成したものをそのWPサイトに同期します。
    https://gyazo.com/bedad37084011eca56cc3b826f4c21f2

あるいは、開発用のVagrantセットもあるようです。 https://github.com/jquery/jquery-wp-content/ これを使えば手順が省略でき、テーマも付属しています。

2

ドキュメントをオフライン参照できるツールがいくつかあります。

など。

私はDashを使っています。

1

もしコードを書きながらドキュメントを参照したいということであれば、以下に挙げるIDE/エディタが希望に沿うかもしれません。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする