1

はじめまして、あけましておめでとうございます。

当方、ノンプログラマーの初心者です。

質問があります。 マッチングサイト系のウェブサービスを作ってみようとトライしていますが、 アプリを設計する上でデータベースの考え方としてどのように設計していこうか困っています。

「ユーザーが登録されていて、興味があればリクエストを送り、マッチング成功すれば、 メッセージのやり取りを行う。」 という処理を行いたいです。

とりあえずデーターベースは、 ・Userの登録情報のデータ ・投稿(メッセージ)のデータ

のモデルを作成するつもりですが、 マッチングのリクエスト(許可)を取る仕組みをどの様に 考えればいいのか。

とりあえず、私が考えているのは、 ユーザーのデータベースにリクエストがあったことを知らせるカラムを作り、 その情報がお互いのデータベースに入れば、 投稿のデータを使用可能にする。 それだと、複数人のリクエストに対応できなさそうで、マッチングのモデルを作成し、 そこで管理するというイメージで考えています。

どうでしょうか?! しょうもない質問かもしれませんが、 ご教授願います!m(__)m

  • teratail.com/questions/4929 マルチポスト – htb 16年6月23日 3:19
  • 趣旨に反するとのことで、コメントは削除しました。初心者だからといって、マナー違反が許されるわけではありません。ご一読ください。meta.ja.stackoverflow.com/questions/1766 – htb 16年6月23日 3:36
  • 注意するにしても人を挑発するような書き方をする方も、マナー違反だと思いますが? ex 自分の頭で考えましょう – YOSUKE 16年6月23日 8:10
  • 仰るとおりです。それもありコメントを削除しました。規約違反かもしれませんね。 – htb 16年6月23日 8:48
  • わかりました。私も大人気なかったです。忠告真摯に受け止めます。 – YOSUKE 16年6月23日 9:41
4

一案ということで。変数名やメソッド名は適当に付けてるので、(英語として) あまり良くないかも。

  1. Scaffold でモデルなどを作ります。MatchRequest はリクエストしたユーザ (request_user_id), リクエスト対象のユーザ (target_user_id) を持つとします。MatchRequest で相互にリクエストすることで、マッチ完了というルールにします。

    % rails c
    > rails g scaffold User name:string
    > rails g scaffold MatchRequest request_user_id:integer target_user_id:integer
    
  2. とりあえずユーザを作ります。

    User.create :name => "Nanoha"
    User.create :name => "Fate"
    User.create :name => "Hayate"
    
  3. Association を設定しましょう。MatchRequest を経由して、UserとUserが N:N の関係になります。

    # app/models/user.rb
    class User < ActiveRecord::Base
      has_many :sent_match_requests, :class_name => MatchRequest, :foreign_key => :request_user_id
      has_many :targeted_match_requests, :class_name => MatchRequest, :foreign_key => :target_user_id
    
    # app/models/match_request.rb
    class MatchRequest < ActiveRecord::Base
      belongs_to :request_userm, :class_name => User
      belongs_to :target_user, :class_name => User
    end
    
  4. MatchRequest の情報を入れます。

    MatchRequest.create :request_user_id => 1, :target_user_id => 2
    MatchRequest.create :request_user_id => 2, :target_user_id => 1
    MatchRequest.create :request_user_id => 3, :target_user_id => 1
    MatchRequest.create :request_user_id => 2, :target_user_id => 3
    MatchRequest.create :request_user_id => 3, :target_user_id => 2
    
  5. 確認します。

    % rails c
    > fate = User.find_by :name => "Fate"
    > fate.sent_match_requests
    # => 略
    > fate.targeted_match_requests
    # => 略
    
  6. マッチしたユーザを返す User#matchers を作ります。ActiveRecord を真面目に使えばもう少しスマートに書けそう。

    # app/models/user.rb
    class User < ActiveRecord::Base
      ...
      def matchers
        requester_ids = targeted_match_requests.pluck(:request_user_id)
        sent_match_requests
          .eager_load(:target_user)
          .select { |r| requester_ids.include? r.target_user_id }
          .map { |r| r.target_user }
      end
    end
    
  7. 確認します。マッチしたユーザが表示されました。他のユーザでも試してみてください。

    > fate.matchers
    => [#<User:0x007fac3075f7b8
      id: 1,
      name: "Nanoha",
      created_at: Sun, 04 Jan 2015 13:07:30 UTC +00:00,
      updated_at: Sun, 04 Jan 2015 13:07:30 UTC +00:00>,
     #<User:0x007fac3076f2f8
      id: 3,
      name: "Hayate",
      created_at: Sun, 04 Jan 2015 13:07:38 UTC +00:00,
      updated_at: Sun, 04 Jan 2015 13:07:38 UTC +00:00>]
    
  • yasuさん、ありがとうございます! ちょっと初学者なため、 少し研究してからレス返させていただきます!! 踏み込んだ回答ができなくてすいません。 – YOSUKE 15年1月5日 9:50
  • @yasuさん、やっと理解できるようになりました。 アソシエーションの自己結合でやるんですね、 わざわざコード書いて頂いてありがとうございます。 これを応用してちょっと作ってみようかとおもいます! ちなみに、 railsguides.jp/association_basics.html#自己結合 coma-tech.com/archives/258 などを見て理解できるようになりました。 ありがとうございますm(__)m – YOSUKE 15年1月6日 9:52
1

カラムでやるのは難しいでしょう。

つながりのリクエストをどちらからいつ出したのか、などの扱いもあります。 誰から誰へというリクエストを扱うテーブルと、出されたリクエストを承認した時にレコードを挿入する繋がりのテーブルの2つに分けて扱うのが素直ではないでしょうか。

データ量が数百万件などになってくるとまた別の問題も発生しますが、おそらくそこまでは考慮しないでいいということだと思います。

データベースの設計についての柔らかい読み物をひとつ紹介します。よろしければ参考にどうぞ。

  • そうですか、、データベース設計の読み物ありがとうございます。 参考になりました!すごくわかりやすかったです! – YOSUKE 15年1月5日 9:51

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする