0

GitHub掲載コードで、「Composerコマンドでインストールして使用する場合」と「GitHubからzipでダウンロード後、アップロードして使用する場合」では何が違うのでしょうか?
・例えば、TwitterOAuth
・何れも、autoload.phpを読み込んだ後、useを使用すると思うのですが


autoload.php内容も、ディレクトリ構成も異なっています
・やっていることは同じ?
・「Composer」は、vendor以下に格納する、というルールがあるだけ?
・GitHubからzipでダウンロード後した内容にも「composer.json」が含まれているのはなぜでしょうか?


最終的に知りたいこと.
・ダウンロードした場合と、Composerコマンドでインストールした場合とで、「autoload.php」「composer.json」内容が異なる理由は?
・Composer「使用する場合」と「使用しない場合」とで、それぞれのメリットデメリットを教えてください

1

composer require で生成される composer.json とパッケージの composer.json

composer.json はパッケージの名前やバージョン、どんなパッケージに依存しているかというメタ情報を記載するものです。Composerはこれを見て、必要なパッケージをダウンロード・インストールします。

例えば TwitterOAuth に依存した HogeApp を作ることを考えます。composer require abraham/twitteroauth を実行すると次のようなファイル構成になるでしょう。

HogeApp/
|-- composer.json        (1)
|-- vendor/
  |-- autoload.php       (2)
  |-- abraham/
    |-- twitteroauth/

Composerでインストールできる TwitterOAuth には、そのメタ情報を記述する composer.json が存在します。これがリポジトリ上の composer.json です。もし TwitterOAuth がさらに別のパッケージに依存していれば、そのことが記載されるのもここです。

ところで、このHogeAppもComposerから見ればパッケージの一種で、「HogeAppにTwitterOAuthをインストールする」というのはつまり「HogeAppがTwitterOAuthに依存する」ことです。そのためHogeAppにもcomposer.json (1) が作成され、TwitterOAuthに依存するという記述が行われます。

GitHubからzipでダウンロード後した内容にも「composer.json」が含まれているのはなぜでしょうか?

Releasesページの「Source code (zip)」リンク等からダウンロードするファイルは作者が用意したものではなく、リポジトリ丸ごとダウンロードするというGithubの機能です。なのでリポジトリ上の composer.json がそのまま含まれている、というだけです。

ちなみにComposerを使ってインストールした場合は、リポジトリ上の autoload.php は使われません。好きなインストール方法を選んだら、その方法で使わないファイルは無視すればよいです。

vendor/autoload.php とパッケージに同梱された autoload.php

完全修飾名やuseによってクラスを指定すれば自動的にファイルを読み込んでくれるというのはPHPのオートローディングという機能ですが、この機能を使うためにはオートローダーという「クラス名を渡すとそれが含まれるファイルパスを返す関数」を用意しなければなりません。

  • Composerでインストールしたパッケージを対象にComposer が自動生成したオートローダーが vendor/autoload.php (2) です。

  • TwitterOAuthだけを対象にTwitterOAuthの作者が書いたオートローダーが、リポジトリ上の autoload.php です。

オートローダの登録は spl_autoload_register() という関数を呼び出すだけなので、ファイル名に規定はありませんが、TwitterOAuthの場合はComposerと同じファイル名にしたということのようです。

Composerを使う利点

今回の質問と回答で触れた範囲で言えば、

  • autoload.php が付属するライブラリを複数利用する場合、それぞれの autoload.php を個別に require しなければならないが、Composerを使えば vendor/autoload.php ひとつで済む

といったあたりでしょうか。

Composerの本命は依存性の解決なのですから、同じライブラリがComposer版とzip版の両方で提供されているなら、利用者側で変化するのはライブラリのインストール・管理の方法ぐらいです。

  • 「twitteroauth/composer.json」は、「プロジェクトルートの composer.json」「パッケージの composer.json」何れに該当するのでしょうか? zip版もComposer使用が前提? また、オートローダーについては、autoload.php が付属するライブラリを複数利用する場合でなければ(例えばTwitterOAuthしか使用しない場合であれば)、わざわざComposerで管理しなくても、リポジトリ上の autoload.phpを使えば良いのかな、と思いました – re9 16年11月15日 0:06
  • 1
    @re9 それはtwitteroauthパッケージのcomposer.jsonです。プロジェクトルートと書いた方は、あなたがComposerを使う際に生成される(もしくは自分で作成する)方です。Composerを使う場合はパッケージのダウンロードからComposerに任せることになりますから、自前で落としてきたzipは使いません(多分使えません)。 – unarist 16年11月15日 0:11
  • zip版はComposerを使用しない、という認識で合っているでしょうか? Composerを使用しないのに、パッケージのcomposer.jsonが含まれているということですか? – re9 16年11月15日 10:38
  • 1
    @re9 Githubからダウンロードしたzipには、基本的にはリポジトリ上のすべてのファイルが含まれています。composer.jsonの他にもphpunit.xmlやtravis.ymlなどのTwitterOAuth自身の開発にしか使わないファイルが含まれていますが、別にこれを公開・配布して困ることもないのでそのままにしてあるというだけです。それが存在しているからと言って、利用者がそれを使わないといけないわけではありません。 – unarist 16年11月15日 10:50
  • 「作者が用意したものではなく、リポジトリ丸ごとダウンロードするというGithubの機能」。「存在しているから‌​と言って、利用者がそれを使わないといけな‌​いわけではありません」。そういうことなのですね。勘違いしてたことに気が付きました。大変参考になりました – re9 16年11月16日 0:26

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする