1

Xcode8.1、対象は、iOS10です。

Objective-C 環境で AVFoundation の AVCaptureVideoDataOutput を使ってアプリを作成しようと思い、下記のサイトを参考にプロジェクトを作成したものの、ビルドはできるのですが [session startRunning] のタイミングでどうしてもエラーが発生します。

カメラに映った被写体を加工することを目標としていたため、サイトのプログラムからキャプチャ部分を外して動作確認をしています。

エラーが報告されるのは Thread3〜10 の 0x18cbfcd74<+8>:b.lo 0x18cbfcd8c ;<+32> という場所(?)で、内容は signal SIGABRT です。この内容がリンクミスなどのちょっとした、しかしプログラム自体を精査しなければ分からない問題であることは承知していますが、お気付きの点がございましたらご教授願います。

参考したサイト
http://dev.classmethod.jp/smartphone/ios-camera-intro/

  • Xcodeのバージョン、対象のiOSのバージョンならびにテスト用実機のiOSのバージョンを付記してください。これから回答に書きますが、iOS10では、プライバシー保護のために、カメラデバイスへのアクセスが制限されています。 – nagonsoftware 16年11月9日 21:37
  • nagonsoftwareさんの指摘していた通り、xcode8.1及びiOS10を使用しており、プライバシー保護の設定をしておりませんでした。回答の通りの操作を行った結果、無事動作が確認できました。ご指導いただき、ありがとうございました。 – kamille09 16年11月9日 22:14
  • 上のコメントに沿って、質問文を編集させていただきました。 – nagonsoftware 16年11月10日 3:46
0

リンク先のサンプルプログラムは、Xcode 8.1のプロジェクトに、コピー&ペーストしただけで、2箇所の警告が出るものの、そのまま実機テストで動作します。
推測しますと、iOS10から強化されたプライバシー保護が原因ではないかと思われます。カメラデバイスと、フォトライブラリへアクセスしようとすると、「アクセスを許可しますか?」というアラートが表示され、ユーザが許可ボタンを押さないと、これらへのアクセスが拒否されます。
プロジェクトでは、Info.plistを編集して、これらのアラートを出す初期設定にしないと、アプリがクラッシュしてしまいます。質問者さんが、この編集をしていなければ、クラッシュの原因は、おそらくここにあります。

画像の説明をここに入力

  1. Info.plistを開きます。
  2. 赤矢印のプラスボタンを押して、新規項目を作成します。
  3. 「Privacy - Camera Usage Description」と「Privacy - Photo Library Usage Description」2つを追加します。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする