3

Windows のコマンドプロンプトで、画面出力した上で、テキスト形式でログ出力したいのですが、どうすれば良いでしょうか?


例えば、chkdsk
・時間がかかる上に、進行状況に応じてメッセージが追加されていきます
・ログは最後にまとめて出力すれば良いのですが、途中で、誤ってコマンドプロンプトを閉じた時、ログを確認する方法はあるでしょうか?
・コマンドプロンプトを一旦閉じてしまったら、処理の履歴を確認することは出来ない?


今、下記を試しているのですが、どういう意味ですか?
・画面には何も表示されていないのですが、処理が全部終了してから「出力する」という意味でしょうか?
・進行状況に応じてメッセージが追加されていったりはしない??

コマンド > ファイル名

| この質問を改善する | |
3

Windowsに標準搭載されているPowerShellをつかって、コマンドプロンプトから以下を実行すればいいと思います。

powershell -Command "<コマンド> 2>&1 | Add-Content -Path <ファイル名> -PassThru"

なお、

今、下記を試しているのですが、どういう意味ですか?

についてですが、>は、コマンドの標準出力(i.e. エラー以外の画面出力)をファイルに書きこむ、リダイレクトと呼ばれるものです。これをした場合、画面には出力されません。ファイルには進行状況に応じて出力が追加されます。

私の上記コマンドの2>&1はコマンドの標準出力にエラー出力をまとめるものです。それをさらに|(パイプ)によってPowerShellコマンドレットのAdd-Contentに渡して処理させています。

| この回答を改善する | |
  • 「ファイルには進行状況に応じて出力が追加されます」。自分が予想していた階層と違うところに出力されていたので、最初気が付きませんでした。「Windowsに標準搭載されているPowerShell」。初めて知りました。大変参考になりました – re9 16年11月8日 12:09
2

別解。
Windows 10 Anniversary Update だと Windows Subsystem for Linux と言う機能が使えます。
それ以外の Windows でも cygwin / mingw をインストールしてあれば同じように
Unix コマンドの tee が使えます。

C> examplecommand | tee logfile.txt

とすると examplecommand の標準出力が logfile.txt とコンソールの両方に同時に出力されます。

リダイレクトの話は既に出ているので解説略。

途中で、誤ってコマンドプロンプトを閉じた時、ログを確認する方法はあるでしょうか?
・コマンドプロンプトを一旦閉じてしまったら、処理の履歴を確認することは出来ない?

標準の cmd.exe というかコマンドプロンプトウィンドウには
[閉じた後も] ログを永続化して保存する機能はなさそうです。

chkdsk のログを tee で保存してみたら途中経過のパーセント表示も保存されてしまい
ちょっとかっこ悪いログになっちゃいました。

| この回答を改善する | |
  • 「Windows Subsystem for Linux」、初めて知りました。Ubuntuをダウンロードする必要があるみたいなので、今回は試さなかったのですが、単純に凄いなと思いました。「Unix コマンドの tee」。初めて知りました。参考になりました。ちなみに、当初、普通のリダイレクトで試していたのですが、途中経過のパーセント表示も全部保存されたため、思ったよりも手間でした(正規表現で置換したのですが、処理に時間がかかりました) – re9 16年11月8日 12:28
  • 1
    「Windows Subsystem for Linux」はUbuntu用のバイナリをWindowsで実行できるようにする機能で、Ubuntuそのもののダウンロードは不要です。標準では無効になっているので前準備が必要なはずですが。 – kaitoy 16年11月8日 16:05
  • 「Ubuntuをダウンロードする必要がある」と勘違いしていました。コメントありがとうござしました。 – re9 16年11月10日 3:32

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする