10

スクリプトを/etc/rc.localに書いた場合とそうでない場合で-eオプションの振舞いが異なるように見えるのですが, なぜでしょうか.

例えば次のようなスクリプトを用意し, caller.shを実行すると, echo-sleep5.shのプロセスは数秒で消えてしまいます.

(/bin/shの実体はdash, no_such_commandは存在しないもので, ここで失敗することを意図)

caller.sh

#! /bin/sh -e

/path/to/echo-sleep5.sh | no_such_command &

echo-sleep5.sh

#! /bin/bash

# set -e

i=0
while [ true ]; do
  sleep 5
  echo "$i"
  i=$(($i+1))
done

しかしcaller.shの内容を/etc/rc.localに書く場合だと(シバンも同じ), echo-sleep5.sh内でset -eしないと, プロセスが残り続けてしまいます.

どういう原理でこういう違いがでるのでしょうか?

追記

環境はRaspbian Jessieです. systemdrc-local.service経由で起動しています.

  • /bin/sh の実体が dash ということなので debian 系だとは思いますが、環境を明示したほうが回答を得やすいと思います。 – Tatz Sekine 16年10月26日 16:37
  • 私の手元の Raspberry Pi 2 + Debian jessie (Raspbian ではない) では、どちらもプロセスは残らないですね。残っているプロセスは何をしていますか? strace -p プロセスID を見てみてください。あと grep Sig /proc/プロセスID/status あたりが気になるかな。lsof -n -p プロセスID で stdout がどこ向いているかを見るべきか。 – fumiyas 17年2月10日 17:32
0

手元(Ubuntu 16.04)で確認したところ、echo-sleep5.shecho "$i"echo "$i" > /tmp/fooとリダイレクトするように変更したら、コマンドラインからcaller.shしてもecho-sleep5.shのプロセスが残りました。

その先を追ってないので想像ですが、I/Oがエラーになるかどうかの違いではないでしょうか。

  • echo-sleep5.sh | no_such_command & としていますので、ファイルにリダイレクトしてしまうと echo-sleep5.sh プロセス(bash プロセス)に SIGPIPE が配送されない事になります(パイプに書き込んでいないので当然ではありますが…)。例えば echo-sleep5.shtrap 'echo "catch sigpipe." 1>&2; exit 1' SIGPIPE などを追加してみると判るかと思います。 – metropolis 16年10月29日 11:34

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする